当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2018年11月17日土曜日

NotesDBとGitHubの連携方法

皆さん、こんにちは。

今日はNotes DBを開発する際の手法の一つについてご紹介します。

Notes/Dominoの8.5.2からソース管理ができるようになっています。
以前は、Domino Designer用にフリーのプラグインが用意されていましたが、 現在は利用できなくなっています。

今回は、GitHubのレポジトリとNotes DBを連携させてソース管理を行う方法を紹介します。
ソース管理は、Notes DBをオンディスクプロジェクトに変換して、その内容とGitHubのプロジェクトを同期させるようにして行います。
では、見ていきましょう。


なお、あらかじめThe world’s leading software development platform · GitHubサイトでアカウントを作成しておいてください。


1.GitHub Desktopをインストールする

GitHub Desktop | Simple collaboration from your desktopからツールがダウンロードできるのでダウンロードしてインストールします。
インストールはすぐに終わり、次の画面が表示されます。
GitHub Desktop初期画面

[File][Options]メニューをクリックします。
オプション画面が設定されるので、「GitHub.com」のところにある[Sign in]をクリックします(すでにログインされている場合は不要です)。
オプション画面
サインインに成功すると、初期画面に戻ります。
再度、[File][Options]メニューをクリックしてサインインできていることを確認します。
サインインできている




2.既存レポジトリの検索とクローンの作成

今回は、すでにプロジェクトが作成されているものとして話を進めます。
[File][Clone repository...]メニューをクリックします。
すると、自分のレポジトリの一覧(自分が作成したプロジェクト、参加しているプロジェクト内のレポジトリ)が表示されます。
自分が保有しているレポジトリの一覧

ローカルPCにコピーしたいレポジトリを選択したら、
レポジトリ情報をどこに格納するかを設定するLocal pathを確認して、[Clone]ボタンをクリックします。
すると、レポジトリをローカルPCにクローンし始めます。
クローン作成中...

レポジトリの大きさにもよりますがしばらくすると終わり、画面に戻ります。
画面は作成したクローンのローカルレポジトリ画面になります。
ローカルレポジトリ画面

レポジトリを追加したい場合は、さきほどの手順を繰り返します。
以下の図は、複数のレポジトリのクローンを作成した状態のものです。
ローカルレポジトリの一覧


3.レポジトリをインポートする

まず、Domino Designerを起動します。
[ウィンドウ][Eclipseビューの表示][パッケージエクスプローラー]でパッケージエクスプローラーのビューを表示します。
Domino Designerのパッケージエクスプローラービュー

そこで、マウスを右クリックするとメニューが表示されるので、[インポート]をクリックします。
インポートメニューをクリック

インポートダイアログが表示されるので、「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選択して[次へ]をクリックします。
インポートダイアログ

「プロジェクトのインポート」ダイアログが表示されるので、「ルートディレクトリの選択」の横にある[参照]をクリックします。
プロジェクトのインポート

フォルダの参照画面が表示されるので、さきほど作成したクローンのフォルダにあるレポジトリフォルダを選択します。
※上位のフォルダを選択すると、レポジトリがすべて読み込まれて一度に複数のレポジトリをインポートできます。

すると、プロジェクトの部分にレポジトリの内容が表示されます。
※1つのプロジェクト内に複数のレポジトリが存在する場合もあります。
プロジェクトが追加された

Domino Designerに追加したいレポジトリにチェックをつけて(デフォルトではチェックがついています)、[終了]をクリックします。
すると、パッケージエクスプローラービューにインポートしたレポジトリ(Domino上ではオンディスクプロジェクトと呼びます)が表示されるようになります。
パッケージエクスプローラービューに表示された


4.Notes DBと関連付ける

インポートされたオンディスクプロジェクトを選択して、マウスで右クリックします。
メニューが表示されるので、[チーム開発][新規NSFに関連付ける]をクリックします。
新規NSFに関連付ける

新規アプリケーションダイアログが表示されるので、Notes DBのファイル名を入力して[終了]をクリックします。
※ローカルでもサーバーでも構いませんが、XPages等サーバー環境がないと動作確認が難しいものはDominoサーバー上に置くとよいでしょう。
新規アプリケーション

すると、Notes DBが新規に作成されてオンディスクプロジェクトの内容が反映されます。
Notes DBの作成が完了すると、パッケージエクスプローラービューにNotes DBが表示されます。また、オンディスクプロジェクトに「****.nsfと関連付けられている」という表示が追加されます。
Notes DBが関連付けられた


5.Notes DBの修正を反映する

Notes DBの修正は通常通りに行ってください。
デフォルトでは自動でオンディスクプロジェクトに反映されます。
それが嫌な場合は、Domino Designerのプリファレンス画面([ファイル][プリファレンス]メニューで開きます)で設定を変更できます。

プリファレンス画面で[Domino Designer][ソース制御]タブを開きます。
ソース制御画面

「変更時の設計要素の自動エクスポートを(NSFからディスクへ)有効にする」と「変更時の設計要素の自動インポートを(ディスクからNSFへ)有効にする」のチェックを外せばOKです。

この設定を行った場合、自動で反映されなくなるので、反映する場合は次の操作を行います。
Notes DBを選択して、マウスで右クリックします。
メニューから[チーム開発][オンディスクプロジェクトとの同期]をクリックします。
オンディスクプロジェクトとの同期

これでオンディスクプロジェクトにNotes DBの修正が反映されました。


6.ローカルレポジトリの修正をプッシュ(アップロード)する

GitHub Desktopの画面を見てみましょう。
Notes DBの修正が反映されているので、「Change」タブに修正内容が表示されています。
修正内容が問題ないのであればコミットしてGitHubにプッシュします。
ただし、このままではプッシュできません。

まず、この修正内容についての概要を入力します。
画面左下にある「Summary」に修正内容の概要を入力します。
修正内容についてコメントを入力する

そうしたら、[Commit to master]ボタンをクリックします。
※修正内容を取り消す場合は、修正箇所を右クリックして、[Discard changes...]をクリックします。

Commitが完了すると、 画面左下にコミットされた内容が表示されてサーバーにプッシュする準備ができます。
[Push origin]をクリックして、サーバーにプッシュします。
サーバーにプッシュする

しばらくすると、プッシュが終了して「Fetch origin」の表記に変わります。Change画面には何も表示されてないのがわかります。
プッシュ終了

GitHubのサイトを開いてプロジェクトを確認するとプッシュされたのがわかります。
プッシュされている


いかがでしょうか?
駆け足で説明してきましたが、なんとなく動きがつかめたでしょうか?
ツールがバージョンアップすれば、操作方法は多少変わるかもしれませんが、何をやったのかを理解しながら進めていけば大丈夫だと思います(実際に何度かGitHub Desktopはインターフェースが変更されましたが、ちゃんとできました)。


オンディスクプロジェクトはやり方によっては便利に使えます。
オープンなプロジェクトなどでは活躍する機会が増えると思いますので、是非覚えておきましょう。

企業内でのみソース制御(バージョン管理等)を行うのであれば、チームスタジオ製品のCiao! を使うと良いでしょう。






それでは今日はこの辺で...







Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2018年11月16日金曜日

ラジオボタンの値をクリアする

皆さん、こんばんは。
今日もXPagesについてです。

昨日はチェックボックスの値のクリア方法について触れたので、今日はラジオボタンの値のクリア方法について見ていきましょう。

今回はXPagesでこんな画面を作成しました。
設計画面

ラジオボタンの値をクリアする方法をSSJS及びCSJSで確認するためのものですが、せっかくなので値をセットする方法と値を取得する方法も検証しようとしています(これらは後日記事にします)。


まずは、SSJSでの場合。チェックボックスと比べて簡単にできました。テキストフィールドをクリアするのとほぼ同じでした。





続いてCSJS。チェックボックスと同様のやり方でないとクリアできないので、こちらの方がちょっとだけ難しいです(笑)。



チェックボックスのクリアとの違いは、一つしか選択できないので、そこをクリア(falseをセット)したら、処理を終わらせて良いというところです。



ラジオボタンは一度選択してしまうと外すことができないというのが欠点です。
通常は入力必須項目としておくものですが、そうでない場合は、このようにクリアする方法を用意しておくといいでしょう。

是非覚えておいてください。





それでは今日はこの辺で・・・



Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2018年11月14日水曜日

チェックボックスの値をクリアする

皆さんこんにちは。
今日はXPagesについてです。

なぜかこんなことに半日近く費やしてしまったので、備忘録として記事にしておきます。

設計画面

チェックボックスグループを使用した画面を作成していました。
この中でチェックボックスの値をクリアするということをしたかったのです。
CSJSであれば、別件でやっていたので、ささっとできました(笑)

ちなみにこんなコードです。



ところが、チェックボックスの値をクリアする際に別の処理も行う必要があり、SSJSで実行する必要が出てきました。
編集ボックスであれば、
getComponent( "inputText1" ).setValue( "" );

でできるのは分かっていました。
同じようにできるかな?と思ってやったところ、見事にエラーになりました(笑)
クリアエラー!


どうやればいいのかいろいろ悩んで数時間。ググっても出てきません。
ということで悩んだ結果できあがったコードがこちらです。



これで動きました。setSelectedValuesという関数を使う際にセットする値を[]にするのがポイントでした。


ちなみに今回のコードは
XSnippets 日本語版
というサイトに載せています。
このサイトはどなたでも参照できますし、自分のコードを投稿して、世界中の人と共有することができます。
是非、自分が持っているコードを投稿してみてください。



それでは今日はこの辺で・・・



Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2018年10月14日日曜日

IBM Notes/Domino V10評価報告(2)

皆さん、こんばんは。
今日中にお届けできるかどうかわからない中、記事を書いています。

今回は、V10で追加された新機能のLotusScriptによるHTTPリクエストの処理についてです。
ベータ版での記事を多くの方が書いているので、それらとほぼ変わりませんが、少しだけ変更がありましたので、そこにフォーカスして書きます。

まず、前提条件としてDominoにDASを設定してあります。
HTTPリクエストの先は、DominoのDASということです。

それを踏まえて、こんな画面を作成してみました。
HTTPリクエストを処理する画面

endpointにURLを入力して、[実行]ボタンをクリックすると、そこのURLからデータを取得してきて、Resultに書き出すというだけのものです。
Jsonデータを返してくるようなURLであれば、REST サービスを処理していることになります。
また、単なるサイトのURLを入力した場合、そのサイトのHTML情報を取得してくることになります。


[実行]ボタンで呼ばれる関数にはこんなものを用意しました。
Function GetRequest( urlPath As String ) As Variant
    On Error GoTo ErrProc
    
    Dim session     As New NotesSession
    Dim httpRequest As     NotesHttpRequest
    Dim ret         As     Variant
    
    Set httpRequest = session.CreateHTTPRequest()
    httpRequest.Timeoutsec = 5
    httpRequest.Maxredirects = 1
    httpRequest.Preferstrings = True
    ret = httpRequest.Get( urlPath )
    
    GetRequest = ret
    Exit Function
    
ErrProc:
    MsgBox _
    "エラー行数:" & CStr(Erl) & Chr$(10) & _
    "エラー番号:" & CStr(Err) & Chr$(10) & _
    "エラー内容:" & Error, 0 + 16, "RESTサービステスト"
    
    Exit Function
End Function

直接呼んでいるわけではないので悪しからず。
このソースで注目してほしいのは、
httpRequest.Preferstrings = True
の部分です。
これはベータ版にはなかったプロパティです(設定しようとするとコンパイルエラーになります)。
Trueにすると、テキストで戻ってきます。
なので、
画面の状態で[実行]をクリックすると、以下のようになります。
DASの結果が返ってくる


ちなみにこのプロパティのデフォルト値はFalseなんですが、
この場合、Getの戻り値は、BYTEストリームの配列になる模様です。
なので、そのままGetの戻り値を利用することができません。

まだ評価中なので、どのように処理するのか方法がわかっていません。
ですが、BYTEストリームで返ってくるとなれば、大きいサイズのJsonやHTML情報でも捌くことができそうですね。
これなら、LotusScriptでRESTサービスを使った処理が現実的になりそうです。

ますます、IBM Notes/Dominoによる外部連携が簡単になりそうで、ワクワクしますね。


ちなみに、ベータ版では、httpsで始まるURL(SSLサイト)が取得できないという話があったようですが、製品版では解消されているようです。

ベータ版でHTTPリクエストのテストをしていた方は是非チャレンジしてみてください。
私も、詳細がわかって時間が作れれば、また記事を書きたいと思います。

とにかく、ようやくリリースされたIBM Notes/Domino V10!
みんなが待ち望んでいた機能がたくさん盛り込まれています。
どんどん使って、より便利にしていきましょう!






それでは今日はこの辺で・・・






Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

IBM Notes/Domino V10評価報告(1)

皆さん、こんばんは。
鉄は熱いうちに鍛えよ。と言います。私の気持ちも熱いうちにブログを記事にしてしまおう!ということで連投です。

今回は、IBM Notes/Domino V10で気になった機能をいくつか簡単なものをご紹介します。

まずは、デフォルトODSについて。
V10では、デフォルトODSが52になりました。
7.0.xから9.0.xまでは、デフォルトODSは43でした。各バージョンで追加されたODSを利用するには、
CREATE_R8_DATABASES=1
CREATE_R85_DATABASES=1
CREATE_R9_DATABASES=1
CREATE_R10_DATABASES=1
といったパラメータをDominoサーバーのnotes.iniに追加する必要がありましたが、
今後は、これらのパラメータがない場合は、Notes DBのODSは52になります。
notes.iniには何も設定されていない

上図を見てもらうとわかるように、Dominoのnotes.iniには「CREATE_Rxx_DATABASES」のパラメータは設定されていません。
この状態で新規にNotes DBを作成すると、ODSが52になります。
新規のNotes DBのODSは52

ただし、これらのパラメータは無効になったのではありません。
例えば、
CREATE_R8_DATABASES=1
とDominoのnotes.iniに設定します
(サーバーコンソールで set con CREATE_R8_DATABASES=1 と入力すると有効になります)。
この状態で、新規にNotes DBを作成すると、ODSは48になります。
デフォルトODSを48にしてみた

ですので、バージョンアップする際は、これらのパラメータに注意しましょう。
ODSが52にならないな?と思ったら、これらのパラメータが設定されているかもしれません。

では、ODSを53にするにはどうすればよいのでしょうか?
もう、上で答えは書いていますが、
CREATE_R10_DATABSES=1
のパラメータをDominoのnotes.iniに設定すればよいです。
なお、このパラメータはNotesクライアントにも有効ですので、クライアントでNotes DBを作成することがある人はNotesのnotes.iniにも設定しておきましょう。

ちなみに、これらのCREATE_Rxx_DATABASES=1が複数設定されている場合はどうなるのでしょうか?
一番ODSが大きいものが優先されます。
つまり、
CREATE_R10_DATABSES=1
が設定されていれば、他にCREATE_R85_DATABSES=1やCREATE_R9_DATABSES=1
が設定されていても、ODSは53になります。
notes.iniの中の順番は関係ありません。


続いて、恒例のビューアイコン
皆さんが改善して欲しい機能の一つではないかと思いますが、どうなったでしょうか?
Notesクライアントで見たビューアイコン

Notesクライアントで見た場合、9.0.xと変わりはありません。ベータ版でも同じだったので期待はしていませんでしたが・・・
ところで、Web画面でもビューアイコンって表示されますよね?
では、このNotes DBをWebブラウザで表示した場合はどうなるのでしょうか?
Webブラウザで見たビューアイコン

はい・・・213番のアイコンがありませんね?
バグじゃね?IBMさん、直してね(笑)

時に、IBM Notes/Dominoに新機能を追加してほしいとか改善して欲しい機能がある場合、
https://domino.ideas.aha.io/
こちらに投稿することで、望みが叶えられるかもしれません。是非投稿しましょう(ただし、英語で・・・)。


続いては、プリファレンスについて。
こちらは一般のユーザーさんにはほとんど関係ありません。
私が参加しているノーツコンソーシアムの「ザ・ノーツ研究会」ではIBM Notes/Domino V10 ベータ版の評価を行いました。
先日行われたNotes Domino Day 2018 Autumnでも評価報告会という形でセッションがあったので、ご存じの方も多いかと思います。
この実証評価の中で遭遇した話です。

通常、新規にNotes DBを作成する場合、[File][Application][New]というメニューで行いますが、メニューを何度もクリックしないと行けないので、Ctrl+Nというショートカットキーを使います。
このショートカットキーが私のNotesクライアントだけ使えない!?ということが発生しました。
講師の方は、「普通に動きますけど?」という形で、他の人も問題ないとのこと・・・
インストールの方法でも誤ったのかな?と思いつつ、心の中では納得していませんでした。
この現象が、V10でも発生したのです。
しかも、Notesクライアントのインストール/セットアップ直後は、Ctrl+Nで新規にNotes DBを作成できていたのに、クライアントを再起動したら作成できなくなりました。

前置きが長くなりました。
つまりはこういうことです。

初期値はCtrl+Nで新規にNotes DBを作成するショートカットキーが有効になっている
Ctrl+Nのショートカットキーが有効になっている

プリファレンスの「Enable alternate keyboard shortcuts ( for example, CTRL+R=Reply)」にチェックをつけて保存すると、
プリファレンスを変更する

Ctrl+Nのショートカットキーが無効になり、新規にNotes DBを作成できなくなる!
Ctrl+Nのショートカットキーが無効になっている

ということです。
[File][Application][New]メニューをクリックすることで新規にNotes DBを作成できますが、ショートカットキーが無効なのは地味につらいので、外しておきましょう。

なお、このパラメータはIBM Notes 9.0.xで追加されましたが、9.0.xではチェックをつけても、Ctrl+Nが無効になることはありませんでした。
なんで!?


他にも多くの新機能が用意されています。
これらについては、ヘルプに解説が出ていますので、そちらを参考にしてください。
ヘルプは、従来のNotes DBでもよいですし、新しいWebページスタイルのヘルプでもよいです。
どちらにも「What new in IBM Notes 10?」という項目で記載されています。

Notes DBタイプのヘルプにあるWhat New

これらの内容については、機会があれば書いていくかもしれません。
まずは、ご自分の目で確認してみてください。




それでは今日はこの辺で・・・






Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

IBM Notes V10をインストールしてみました

みなさん、こんにちは。
IBM Notes/Domino V10使ってますか?
え?まだリリースされたばかりで使ってない!?
そうですよね。そんなに簡単にバージョンアップできたら苦労しないですよね。
もっとも、これはIBM Notes/Dominoに限った話ではありません、どんなアプリケーション/ソフトウェアもバージョンアップは苦労するものです。
それでもIBM Notes/Domino V10は下位互換を大事にしているソフトウェアなので、比較的簡単にバージョンアップができるものです。

移行やバージョンアップを検討する場合は、下位互換なども考慮して考えるとよいでしょう。

さて、今回はNotesクライアントのインストールについて見ていきます。
ベータ版の時にも触れていますのでそちらも参考にしながら読んでください。
IBM Notes V10 Beta 1をインストールしてみました

IBM Notes V10もベータ版の環境に上書きしたものと新規にインストールしたものと2種類の環境がありますが、こちらは違いがありませんでしたので、新規インストールの情報を元に説明していきます。
なお、私の仕事柄、Notesクライアントといいつつ、Domino Designer、Domino Administrator付きでインストールを行っていますので、皆さんとは若干違うかもしれませんがご了承ください。

こちらがインストーラの起動時の画面です。
インストーラ起動時の画面

大きく変わった箇所といえば、インストール機能から「フィードリーダー」が消えていました。
インストール機能

フィードリーダーは、Notesクライアント(スタンダード版)のサイドバーパネルに表示できるRSSフィードリーダーのことです。
フィードリーダー(IBM Notes 9.0.1のもの)

なくなるという話は聞いていましたが、実際になくなったのはちょっと悲しいですね。

それ以外では変わった箇所は見つけられませんでした。
なお、インストールにかかった時間は15分程度でした。少し早くなったのかな?

ショートカットアイコンを見てみると・・・
やはりこちらもまだ青かったです。いつかは黄色になるのでしょうか?
青いショートカットアイコン

こちらのクライアント、前回構築したDominoに接続する形でセットアップしましたが、
ベータ版の時と変わらなかったので説明は割愛します。

そして、Notesクライアントを起動したときの画面がこちらです。
Notes V10の初期画面

一見、9.0.xと変わらない!と思ったあなた、不正解です!
よく見ましょう。
9.0.xの時は、
「IBM Notes Social Edition」と表示されていましたが、今回は「IBM Notes」だけです!
Social Editionではなくなりました。
What's Newの説明も変わっていますね。

せっかくなのでバージョン情報も見てみましょう。
バージョン情報

ちゃんとRelease 10.0.0になっています。
デスクトップも見てみましょう。
デスクトップ画面

すでにいくつかのNotes DBアイコンを追加しています。
beta1の時とは背景画像が異なっていますが、この背景はbeta2と同じものです。

beta1では、現在選択されているタブがどこなのかとてもわかりにくかったですが、
V10では現在選択されているタブが、タブ名の上になっています。
これは背景画像に影響を与えないようにするためでしょうか?それでも、十分にわかるのでよいでしょう。(ちなみにNotes 9.0.xの時はタブ名の下でした)


インストールについての話なので、これくらいにしておきましょう。
続きは、またの機会(あれば・・・)としましょう。


それでは今日はこの辺で・・・





Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

IBM Domino V10をインスト―ルしてみました

みなさん、こんにちは。
先日、2018年10月10日にIBM Notes/Domino V10がリリースされましたね!

ベータ版を使っていた感触からすると、せいぜい、正式リリースの日を発表であって、まさかリリースするとは夢にも思っていませんでしたので、驚き桃の木山椒の木です!

といっても、まだ英語版のみで、日本語版は12月にリリースの予定です。
日本語メニューやテンプレート、DJXで楽しみたい方はもう少しお待ちください。

かくいう私も主環境は日本語版を利用しているので、今回の英語版は評価用の環境にインストールすることにしました。

ベータ版の環境に上書きインストールしてみたところ、なぜかプログラムディレクトリの変更ができてしまいました。
通常であれば、プログラムディレクトリ/データディレクトリは固定になり、変更ができないはずなのですが…
まぁ、ベータ版の環境が普通でないと考えておきましょう。
上書きインストールでのプログラムディレクトリ指定

ただし、ちょっと不穏な気がしないでもないので、新規にWindows Server 2016の上に、IBM Domino V10を新規インストールした環境も用意しました。


インストーラを起動したときの画面がこちらです。
新規インストールの初期画面

ベータ版(beta1)の時は画像が9.0.xのものでしたが、リリース版らしくV10用の画像に差し替えられていますね。
ですが、インストールのオプションはベータ版の時と何ら変わりはありませんでしたので、
IBM Domino V10 Beta 1をインストールしてみました
を参照してください。
インストールに要した時間ですが、全部で10分弱というごく短い時間でした。
マシンの性能にもよると思いますが、この時間を基準として考えていただいて良いものと思います。

#domino2025 (現在のハッシュタグは、 #dominoforever #ずっとノーツ です)で紹介されてから黄色と黒をテーマカラーとしていましたが、残念ながらショートカットアイコンは青いままでした(笑)
IBM Domino V10のショートカットアイコン


評価用の環境ということで、シングルサーバーとして構築しました(クラスタのテストとかそんな余裕はない・・・いろんな意味で)
ということで、インストールとセットアップを済ませたので、早速起動してみました。
バージョン情報はこちら!
Domino V10のバージョン情報

ベータ版のときは、「Build V10000~」となっていましたが、正式版なので、「Release 10.0」となっています。気持ちいいですね!

Domino Console自体のバージョン情報も見てみましょう。
Domino Consoleのバージョン情報
はい。Domino 10になってますね・・・
って、ビルド情報!!!
V901_08222013って・・・9.0.1の時から変わってないのか・・・
良いような悪いような(笑)

といったところで、次回はNotesクライアントのインストールについて見てみましょう。
ベータ版と何が違うのか(もしくは違わないのか)を中心に書いていきます。


それでは今日はこの辺で・・・





Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります!
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ