当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年4月16日水曜日

リッチテキストが壊れる

Lotus Notes/Domino 6から追加されたNotesRichtextNavigatorクラスを使うと、リッチテキストフィールドにあるオブジェクトを検索できてポインタをあてられるようになる。
ということは、その場所に別のオブジェクトを追加したり、文字を追記したりできるという便利なクラスなのだが・・・

そんな便利なクラスを利用してプログラム開発をしていたのですが、不具合が発覚しました。
・リッチテキストを取得する
・NotesRichtextNavigatorクラスを取得する
・オブジェクトの場所を検索して、そこに別のオブジェクトを貼り付ける
・元々あったオブジェクトを削除する
とこんな処理を実行すると、時々リッチテキストの内容が破壊されてしまう(文書が開けなくなる)のです。

どうも、一つのリッチテキスト内で、オブジェクトを添付したりはがしたりするという行為に耐えられないらしい。
現在、日本IBMに調査を依頼していて、SPRが上がった。
まだSPRは公開されていないので、一応非公開にしておきますが、随時アップしていきます。

0 件のコメント: