当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年5月5日月曜日

データベースの選択

また@関数。
@Promptのちょっと変わった使い方です。
R5からの追加機能なので、R4.6以前を使っている人は注意!(そうそういないだろうが・・・)
[ChooseDatabase]オプションを使うと、「データベースを開く」ダイアログが表示されるのである。
そこで、取得したいDBを選択して、「開く」ボタンをクリックするだけ。

戻り値はリスト形式になっていて、
1:サーバ名(ローカルの場合は、空白)
2:DBファイル名(パス名付き)
3:DBタイトル
となっている。利用する時は注意しないと、必要なものが取得できないのだ。

------------------------------------------------------------------------------
ret := @Prompt([ChooseDatabase];"";"");

@For(i:=1;i<=@Elements(ret);i:=i+1;@Prompt([Ok];@Text(i);ret[i]))

0 件のコメント: