当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年6月2日月曜日

ビューから編集モードで開かせない

ビューから直接編集モードで開かれては困る場合などにそれを制御する方法。

FormのQueryOpenイベントに下記のスクリプトを記述する。
ここで、Queryopenイベントに定義してある変数を利用すると簡単に書ける。

Source 現在開かれている文書
Mode 現在の文書のモード。読み取りモードなら0、編集モードなら1が入っている
Isnewdoc 現在の文書が新規文書かどうか。新規文書ならTrue、そうでなければFalseが入っている
Continue 処理を続けるかどうか。止める場合はFalseを代入すると良い

Sub Queryopen(Source As Notesuidocument, Mode As Integer, Isnewdoc As Variant, Continue As Variant)
    '新規文書でなく、編集モードで開かれた場合は確認のメッセージを表示する
    If Isnewdoc = False And Mode = 1 Then
        res = Messagebox( "編集モードで開くのですか?", 4 + 32, "スクリプトサンプル集" )
        '「いいえ」が選択された場合は、処理を中断する
        If res = 7 Then
            Continue = False
        End If
    End If
End Sub


0 件のコメント: