当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年9月19日金曜日

ビューで選択した文書の返答文書を取得する

ビューで選択した文書の返答文書を取得するもの。
返答文書の内容を取得して、親文書を操作したいというときに利用できるかな。

※サンプルは複数文書を選択しても、一つ目の文書のみが有効になるようにしてある。

-----------------------------------------------------------------------------------
Sub Initialize
Dim session As New NotesSession
Dim db As NotesDatabase
Dim view As NotesView
Dim docs As NotesDocumentCollection
Dim doc As NotesDocument
Dim cdoc As NotesDocument

Set db = session.CurrentDatabase
Set view = db.GetView( "ByCategories" )
Set docs = db.UnprocessedDocuments
Set doc = docs.GetFirstDocument

Set cdoc = view.GetChild( doc )
If cdoc Is Nothing Then
Messagebox "返答文書はありません。", 0, "返答文書の取得"
Else
Messagebox "返答文書のタイトルは、【" + cdoc.Subject( 0 ) + "】です。", 0, "返答文書の取得"
End If
End Sub

Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2 件のコメント:

めそ凹すね丸 さんのコメント...

お邪魔します。
はじめましてめそ凹すね丸と申します^^
いつも拝見させていただいております

今回は返答文書の取得がテーマとのことですが、返答文書の取得なら、こっちを使ったほうは汎用性は高いとおもいます。

Set notesDocumentCollection = notesDocument.Responses

およよ さんのコメント...

めそ凹すね丸さん、コメントありがとうございます。

確かに、単純に返答文書を取得するというだけなら、Responsesプロパティの方が良いですね。

私が作成したサンプルではGetChildを利用した場合のメリットが何もありませんでしたので、次回は、そのメリットが分かるようにします。あわせて、めそ凹すね丸さんが紹介していただいたResponsesプロパティのサンプルも提示したいと思います。

これからもよろしくお願いしますね^^