当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年9月25日木曜日

何処のビューから開かれたかを判断する

@関数の話題が少ないので・・・

@ViewTitle関数は、現在のビュー名を返します。つまり、ビュー上で使えば、そのビューのビュー名を表示します。
しかし、文書を開いた状態で使うと、その文書が何処のビューから開かれたかを表示してくれます。
これは、不正な処理が行われたかどうかの判断に使えます(隠しビューや個人ビューから文書が開かれた場合は処理を中断するなど)。


サンプルは単純に、どこのビューから開かれたのかを表示するものです。

----------------------------------------------------------------------------
@Prompt([OK];"開かれたビュー";"この文書は、『"+@ViewTitle+"』ビューから開かれました。")


Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: