当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年10月17日金曜日

データ型について

前にも書いたと思うが・・・みんなヘルプは読んでるかな?
ノーツは情報が少ない!と言われているけど、大抵のことはヘルプDBを読めば解決してくれるものだ。

ヘルプ、Administratorヘルプ、Designerヘルプ、日本語環境設定ガイド、Notes/Dominoリリース
ノーツDBなんだから、全文索引をつければ検索も快適に行えるし、サンプルコードだって豊富に付いている。

私がここに書いている記事も、ほとんどはヘルプからの引用だ。もちろん、実体験をしたからこそ、書けるものではあるが。
プログラムが動かない、どの関数を使えば良いか分からない!という時こそ、ヘルプを見てほしい。


CCur関数を使うと、小数点4桁以下が切り捨てられるという話があった。
まず、CCur関数ってどんな仕様だっけ?と思い、ヘルプを読んでみた。
そうしたら、
「CCur 関数は、小数 4 桁に丸めて expr の数値を Currency 型の値として返します。」
とあるではないか。
この関数を使う際、ヘルプを見てから使っていれば、このような疑問は起きなかったはずである。
(そもそも、よくこんな関数知っていたなぁ。というのが私の感想である)

では、どんな関数を使えば良いのか?それもヘルプに出ている。
「関連項目」として、関係する関数やクラスなどがリンクとして表記されているのだ。
そこから、探していけば答えはすぐに見つかるはず。

他人に聞くな。とは言わない。もちろん、自分より詳しい人はたくさんいるであろうから、彼らの智恵を借りることは良いことである。
しかし、自分で調べられるなら、その方が早いし、確実である。


まずは、ヘルプを読もう!
それからもで遅くないよ。




Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: