当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年10月10日金曜日

NotesURLを作成する方法(@関数の場合)

NotesURLを作成する方法(LotusScriptの場合)で紹介したNotesURLを作成する方法の@関数版。


サンプルは自文書のNotesURLを作成するもの。
ポイントは、ノーツDBのレプリカIDを取得するところ。
@ReplicaIDで取得すると、レプリカIDの中に":"が含まれるのだ。NotesURLとして利用する場合、この":"は不要(というか、あるとエラーになる)なので、取り除いておくことが必要になる。

srv := @Name([CN];@Subset(@DbName;1));
svn := @If(srv="";"localhost";srv);
dbn := @ReplaceSubstring(@ReplicaID;":";"");
view := @ViewTitle;
docid := @Text(@DocumentUniqueID);

ret := "Notes://" + svn + "/" + dbn + "/" + view + "/" + docid;

@Prompt([Ok];"NotesURL";ret)


これを覚えておくと、Notes クライアント以外でメールを受け取った時に活用できるので、便利かな。

Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

役立ちました!ありがとうございます!

Masahiko Miyo さんのコメント...

匿名さん
古い記事が、お役に立てて何よりです。