当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年10月10日金曜日

NotesURLを作成する方法(LotusScriptの場合)

NotesURLとは、Notes://で始まるもので、ノーツDBの固有の文書を表すものである。
IEのアドレス部分に入力したり、「ファイル名を指定して実行」の所に入力したりすると、ノーツクライアントが起動して、指定した文書を開くことができるのである。

他システムからノーツ文書を開くときに便利に使える。

そのNotesURLを作成する方法を考えてみた。
サンプルは、現在の文書からNotesURLを作成するものである。
ビューで実行しても、文書を開いて実行してもできるようにしてある。
ただし、文書を開いて実行する場合、「現在のビュー名」が取得できないため、
"($All)"固定にしている。

Sub Initialize
 Dim uiws    As New NotesUIWorkspace
 Dim uidoc   As     NotesUIDocument
 Dim udoc    As     NotesDocument
 Dim db      As     NotesDatabase
 Dim srv     As     NotesName
 Dim session As New NotesSession
 Dim docs    As     NotesDocumentCollection
 Dim uiview  As     NotesUIView
 Dim view    As     NotesView
 Dim nurl    As     String
 Dim svn     As     String
 Dim vname   As     String
 
 Set uidoc = uiws.CurrentDocument
 If uidoc Is Nothing Then
  Set db     = session.CurrentDatabase
  Set docs   = db.UnprocessedDocuments
  Set udoc   = docs.GetFirstDocument
  Set uiview = uiws.CurrentView
  Set view   = uiview.View
  vname = view.UniversalID
 Else
  Set udoc = uidoc.Document
  Set db   = udoc.ParentDatabase
  vname = "($All)"
 End If
 Set srv = New NotesName( db.Server )
 If srv.Common = "" Then
  svn = "localhost"
 Else
  svn = srv.Common
 End If
 
 nurl = "Notes://" & svn & "/" & db.ReplicaID & "/" & vname & "/" & udoc.UniversalID
 Msgbox nurl
End Sub


Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: