当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年11月10日月曜日

フォームの再計算

フォームの再計算を行うメソッドとして、Refreshメソッドがある。
文書を開いた状態で、F9キーを押したのと同じ効果がある。

計算結果フィールドの値を更新したい場合や、キーワードフィールドの内容を更新した場合に使える。
@関数では、@Command([ViewRefreshFields])が同じ効果を持つ。

Dim uiws As New NotesUIWorkspace
Dim uidoc As NotesUIDocument

Set uidoc = uiws.CurrentDocument
Call uidoc.Refresh



※スクリプトの場合、フィールドのExitingイベントなどで仕掛けることが出来るので、そのフィールドからカーソルが移動したときに、自動で再計算を行わせることが可能。
 →@関数では出来ないので、ホットスポットボタンを作成して押させるようにするしかない。


Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

1 件のコメント:

鈴木直行 さんのコメント...

定時エージェントで、あるビューの文書すべての自動計算フィールドの再計算とQuerySaveなどのイベントを実行することはできないでしょうか?つまり通常使う
@Command([FileSave]) ;
@Command([CloseWindow])
をエージェントで毎日7:00に実行したいのですが、何かサンプルをお持ちではないでしょうか?