当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年11月14日金曜日

デリミタによる文字列の分割

今日はデリミタ(区切り文字)で文字列を分割してみるというLotusScriptです。

ret = Split( strValue, ",", -1, 5 )
この部分が分割する関数である。
1番目の引数は、分割したい文字列。
2番目の引数は、デリミタ。
3番目の引数は、文字列を何個に分割したいのか、その個数を書く。-1の場合は、デリミタの分だけ全部分割する。
4番目の引数は、デリミタの判別方法。大文字小文字や全角半角を区別するのに使う。5は、両方とも区別しない。
 ここを1とすると、","(半角カンマ)と","(全角カンマ)を区別して、デリミタに指定した文字だけを区切り文字とする。

サンプルは、文字列を","で区切り、それらをプロンプト表示するものである。
※サンプルでは、","(半角カンマ)をデリミタにしているが、","(全角カンマ)でも同じ結果になる。

Sub Click(Source As Button)
    Dim strValue As String
    Dim ret As Variant
    Dim i As Integer

    strValue = |1,"abcdefg",100,150,120,110,300,100,100,100,500,"hijklmn",| & _
    |"192.168.0.1","00:xx:yy:zz:nn:mm","vwxyz",|
    'ブログで表示しきれないので、2行に分けている
    ret = Split( strValue, ",", -1, 5 )
    For i = 0 To Ubound(ret)
        Msgbox ret(i), 0, Cstr(i+1) & "番目のデータ"
    Next
End Sub



Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: