当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年11月20日木曜日

現在の文書の値を取得する

自文書のアイテム値を取得するものである。
今回は、NotesUIDocumentクラスのFieldGetTextメソッドを利用する。

※このメソッドで気をつけるべきなのは、「文字列」で取得されると言うこと。例えば、文書中で複数値を持つアイテムでも一つの文字列として認識されてしまうのだ。
NotesDocumentクラスのGetItemValueメソッドの場合は、アイテムの内容を正確に取得するので、複数値であれば配列として取得する。

サンプルは、自文書にある「Subject」「Categories」「Sections」アイテムの値を取得して、画面に表示するものである。

Sub Click(Source As Button)
    Dim uiws As New NotesUIWorkspace
    Dim uidoc As NotesUIDocument

    'CureentDocumentは今、開いている文書という意味
    Set uidoc = uiws.CurrentDocument

    'FieldGetTextで文書のフィールドの内容を取得する
    Messagebox "タイトルは、【" & uidoc.FieldGetText("Subject") & "】です。", 0, "結果"
    Messagebox "大分類は、【" & uidoc.FieldGetText("Categories") & "】です。", 0, "結果"
    Messagebox "小分類は、【" & uidoc.FieldGetText("Sections") & "】です。", 0, "結果"
End Sub




Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: