当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年12月2日火曜日

不定回数の繰り返し処理その2

不定回数の繰り返し処理で書いたDo~Loopステートメントの異バージョンです。

前回はループ前に処理を行うかどうかを決めることができたが、今回は必ず、1度はループ処理を行うというもの。
Loopの所に、条件を書くことで実現できる。

細かい違いではあるが、処理によって、前判断と後判断を使い分けるようにすると、ソースが見やすくなるので、是非利用してもらいたい。

Sub Click(Source As Button)
    'ループ処理前の条件提示
    flag = Messagebox ( "ここで何を押してもループ処理を行います。", 2 + 48 , "タイトル")

    'ループ後に条件を判断する(必ず一回はループの中の処理を行う)
    Do
        flag = Messagebox ( "「キャンセル」を押すと、ループを抜けます。", 1 + 48, "タイトル" )
    Loop While flag = 1
End Sub




Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: