当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年12月4日木曜日

時間の計算

時間の計算についてです。
今回紹介するTimeNumber関数は、二つの時間の差を計算するときに使えます。
NotesDateTimeクラスを使うことなく計算できるので、その分手軽です。

出勤時間と退勤時間の差を計算するときなどに使えそうですね。

Sub Click(Source As Button)
    Dim hh1, hh2 As Integer
    Dim mm1, mm2 As Integer
    Dim ss1, ss2 As Integer
    Dim tmp As Variant
    
    '最初の時間の入力
    hh1 = Inputbox( "最初の時を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Hour( Now ) ) )
    mm1 = Inputbox( "最初の分を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Minute( Now ) ) )
    ss1 = Inputbox( "最初の秒を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Second( Now ) ) )
    
    '二番目の時間の入力
    hh2 = Inputbox( "二番目の時を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Hour( Now ) ) )
    mm2 = Inputbox( "二番目の分を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Minute( Now ) ) )
    ss2 = Inputbox( "二番目の秒を入力してください。", "時間の計算", Cstr( Second( Now ) ) )
    
    '時間の差を計算する(時、分、秒をそれぞれ差し引いた値をセットする)
    tmp = Timenumber( hh2 - hh1, mm2 - mm1, ss2 - ss1 )
    
    '時間の差を表示
    If tmp = 0 Then
        Messagebox "時間の差はありません。", 0, "時間の差"
    Else
        Messagebox "時間の差は" + Cstr(tmp) + "です。", 0, "時間の差"
    End If
End Sub


Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: