当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2008年12月5日金曜日

ビューの列の内容が設定と違って表示される


左図のように、まれにビューの列の計算式の結果と実際に表示されている値の結果がマッチしないことがある。


ビューの索引情報が破損した場合とそうでない場合がある。
ビューの索引情報が破損した場合、ビューを開いて、Ctrl+F9を押せば、再構築をしてくれるのでそれで直る(直らない場合は、Shift+Ctrl+F9)。

ではそうでない場合はどういうときか?
ノーツの不具合ではなく、プログラムの方に問題がある。
実際にはビューの列のプロパティに不正な部分があるのである。


下図を見て欲しい。
これは、列のプロパティの一番右側のタブを開いた状態である。
ここに「名前」という欄があり、値が設定してある。この値はノーツDBのプログラム中で利用することが出来るビューの列の識別子なのである。
ここの値はビュー内で重複してはならず、重複した場合には、一番左側にある列の計算式の結果が表示されるのである。
今回の場合は、ここの「$2」というのがすでに他で使われていた値であったと言うことである。




















Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: