当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年1月23日金曜日

フィールドに値を追加する

使えるネタがあと僅かになってきました。
一年分くらいはあると思ってたのに・・・

筆者のネタは、自分でNotes DBを製造する際、LotusScriptや@関数の使い方のイメージが沸かないときにサンプルとして、自作したものです。
ヘルプを読んだだけでは分からないときに良くやります。
ホットスポットボタンを配置して、そこにプログラムを書くだけなので簡単にできます。
自称、初心者の方にお勧めです。

閑話休題。

さて、今日はフィールドに文字を追記する方法を紹介しましょう。
テキストフィールドだろうと、リッチテキストフィールドだろうとできるお手軽なものです。
ただし、NotesUIDocumentクラスのメソッドなので、文書が編集モードで開いていることが条件になります。

サンプルは、編集モードで開くのが面倒だったので、わざわざ新規文書を作成して、そこに文字を追記する様にしています。
メソッドの書式と動きが分かれば良いので、このような形になっています。


Sub Initialize
    Dim uiws As New NotesUIWorkspace
    Dim uidoc As NotesUIDocument
    
    'テキストを追加するための文書を作成しておく。
    Set uidoc = uiws.ComposeDocument( "", "", "MainTopic" )
    
    '追加する内容を入力させる。
    res = Inputbox ( "何か入力してください。", "追加するテキスト", "省略時の値です。" )
    
    'Bodyフィールド(リッチテキスト)の一番後ろに追加する(この場合は、Bodyはnullなので、入力した内容だけが表示される)
    Call uidoc.FieldAppendText( "Body", res )
End Sub



Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

SEO,SEO対策のための深い理解