当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年1月27日火曜日

Javaで文書を作成する

いやぁ、ホントにネタがなくなった。
あるにはあるんだけど、今更載せるのか?っていうネタばっかり。
ホントにブログの構成間違ったなぁ。

ということで、Javaのサンプルを作成してみた。

JavaでACLの内容を表示するのサンプルで作成した様に、Javaエージェントとして作成してある。
DBにボタンを配置して、その中の式を
@Command([ToolsRunMacro];"エージェントの名前")
とする。

これで、実行すると、自DBの中に文書を作成するというものになっている。
DIIOPを動かさなくても良いので、気軽に試してみてほしい。


import lotus.domino.*;

public class JavaAgent extends AgentBase {

public void NotesMain() {
try {
Session session = getSession();
AgentContext agentContext = session.getAgentContext();

// (Your code goes here)
Database db = agentContext.getCurrentDatabase();
Document doc = db.createDocument();
doc.replaceItemValue( "Subject", "Javaで作成した文書" );
doc.replaceItemValue( "Categories", "Documentクラス" );
doc.replaceItemValue( "Sections", "メソッド" );
doc.save( true );
} catch(Exception e) {
e.printStackTrace();
}
}
}

Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: