当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年1月15日木曜日

OSの環境変数の取得

今回はOSの環境変数(下図参照)の取得を行ってみましょう。


Environ関数を使います。引数に取得したい変数の名前をしていするだけの簡単な関数です。
指定した変数の値が返ってきます。

また、設定されている環境変数を全部取得したい場合は、変数名の代わりに1~255のいずれかの数値を指定することも可能です。
この場合は、n番目の変数の名前とそこに設定してある値が xxx = zzzzzzという形で返ってきます。

ユーザ環境変数とシステム環境変数に同じ変数が設定されている場合、ユーザ環境変数が有効になるので、取得できる値もユーザ環境変数のものになります。

サンプルは単純にするために、"windir"という名前の環境変数の値を取得しています。

Sub Click(Source As Button)
    Dim ret As Variant

    ret = Environ("windir")
    Msgbox "windir = " + ret, 0, "OSの環境編集の取得"
End Sub



Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: