当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年2月13日金曜日

ノーツDBをつくってみよう2 フォームを作成しよう(2)フィールドの作成

さて、前回フォームを作成しましたが、このままでは何もない真っ白なままですね。
次はフィールドを作成してみましょう。


作成方法は2つ。メニューから[作成][フィールド]を実行するか、ツールバーの[フィールドの作成]アイコンをクリックするかです(左図参照)。


すると、見慣れたインフォボックスが表示されますね。
何はともあれ、フィールド名には『Subject』と書きましょう。
フィールドの種類は『テキスト』『編集可能』ですね。
ここで、Notes/Domino8.5で利用できるフィールドの種類に変更がないか見てみましょう。
・・・どうやら増えたものはなさそうですね。



ついでに、フィールドのイベントを確認してみましょう。
左図の赤枠部分がSubjectフィールドのイベントです。入力チェックに関するイベントや、LotusScriptに関するイベント、さらにはJavaScriptのイベントがありますね。ここにも8.0との差異はなさそうですね。

さて、もっとフィールドを追加しましょう。
『Categories』と『Body』というフィールドを追加します。
『Categories』は、『ダイアログリスト』で『編集可能』、『複数値も可』にチェックをつけましょう。
『Body』は、『リッチテキスト』で『編集可能』にします。

また、フィールドだけ作成しても味気ないので、各フィールドの前にそのフィールドの意味を記述してみましょう。
Subjectの前に『件名:』、Categoriesの前に『分類:』、Bodyの前に『本文:』とします。

できあがりが、左図になります。

というところで次回に続きます(いつまでかかるんだろ・・・)。

0 件のコメント: