当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年3月3日火曜日

リッチテキストが破壊される・・・その後

このブログを開始して間もない頃に書いた不具合ですが、やっとこさ解決しました!!!

リッチテキストが壊れる
リッチテキストが壊れる・・・その後
リッチテキストが壊れる・・・途中経過

障害が発生するバージョンは5.0.x以降だそうです(委細は不明)。
かなり根が深い問題のようでした。
結果として8.5で解決したという連絡をいただきました。しかし、それでは現行のサポートバージョンである6.5.x、7.0.x、8.0.xに対応していないということで各バージョンについてHotFixを提供してもらう運びになりました。
※HotFixはLotus Domino(サーバ)用です。

ですが・・・
8.5で修正したものを元に下位バージョンでの修正を行ったため、6.5.xでの修正は無理!と言われてしまいました。なお、HotFixは7.0.3及び8.0.2に対してのものです。
LotusScriptでリッチテキストを扱うプログラムを作成している人はDominoのバージョンに注意してください。
ちなみに、この障害は7.0.4及び8.0.3で修正される予定とのことです。

発行されたSPRは2つで、TSOE7DA7ANとHNAA7G58U3です。
TSOE7DA7ANは英語のドキュメントとして公開されています。
http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?rs=475&context=SSKTWP&dc=DA400&uid=sim40973485e548e5a668525754b0036596c&loc=en_US&cs=UTF-8&lang=en&rss=ct475lotus
また、HNAA7G58U3については、
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/732659
に掲載されました。


ともかく、約1年にわたるトラブルはこれを持って解決となります。
IBM様ありがとうございました。

0 件のコメント: