当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年3月31日火曜日

グループカレンダーって変わったのかな?

近しい人から、『8.5でグループカレンダーってどう変わったんでしょうか?』という事を聞かれました。
そこで、あまり正しく使っている人はいないのではないか?という事もあると思うので、設定方法から検証してみよう。

ただし、筆者も実はよく分かっていないので、無駄な作業をしているかもしれないのでそこは許して欲しい。

1.Lotus Dominoの設定を変更する
 サーバ設定文書を作成(すでに存在している場合は修正)する
「抽出するカレンダーの詳細」という所にチェックをつけるのが目的。これをしないと、グループカレンダーの機能が一部利用できなくなる。





















2.各個人のメールプリファレンスを修正する
 カレンダーエントリの詳細を見せたいユーザがそれぞれメールプリファレンスを修正する
 面倒だと言う場合には、管理者がサーバのポリシー文書を利用して設定することも出来る。
 その場合は、「メール設定」のポリシー文書を作成すればよい。



















3.busytime.nsfを更新する
 上記の2つの設定をしても、グループカレンダーは思ったように動いてくれない。どうも、空き時間情報DB(busytime.nsf)の中身が更新されないようなのだ。
 過去のバージョン(R5以前かな?)では、サーバコンソールからtell sched validateと発行すれば良かったのだが、7.x以降はどうもこれでは更新されないらしい。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/731350を参考にしてほしい。


4.グループカレンダーを作成する
 さて、いよいよグループカレンダーを作成する。
 自分のカレンダーを開いたら、左下の「グループカレンダー」をクリックする。そうすると、「グループカレンダーの作成...」というリンクが表示されるので、クリックする。
 すると、グループカレンダーのビューになるので、新規にグループカレンダー文書を作成する
 
これで、グループカレンダーが表示される。

4.カレンダーエントリの詳細を見てみる
エントリの詳細を見たい場合は、「予約済み」と表示されている箇所をマウスで右クリックする。すると、左図のようなポップアップメニューが表示されるので、「エントリの詳細」をクリックする。




















これが、選択したエントリの詳細である。




・・・ということで、8.5でもグループカレンダーは何も変わっていなかった。
ただし、8.5ではご存じのように自分のカレンダーの中に他人のカレンダーを表示するという事が出来るようになっている。
こちらの方を使ってくださいという事なのであろう。


なぁんか、しっくりこない検証であったが、分かってもらえただろうか?

0 件のコメント: