当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年4月20日月曜日

ローカルDBを暗号化しないようにするには・・・

備忘録です。

テスト環境で作成したDBを本番環境に持って行く、自分が作成したDBを他人に渡すなどと言うときに、大抵、ノーツDBを「コピー」しますね。

この時、「データベースのコピー」ダイアログにある[暗号化]のボタンをクリックすると、コピー先で、ノーツDBを暗号化するかしないかを選択できます(下図参照)。


ノーツ7.0.xまでは、ここのデフォルトは『ローカルのデータベースを暗号化しない』だったんですよね。
それが、8.0.xになったら、『ローカルのデータベースを暗号化する』がデフォルトに変わってしまったんです。


そのおかげで、コピーしたノーツDBが持って行った先で「あれ?開けない」ということはないでしょうか?具体的には下図のようなメッセージが表示されないでしょうか?



上のメッセージはともかく、下のメッセージが表示されたら、「???え?何?」と慌ててしまうことでしょう。
筆者は実際、焦りました・・・


こういったことがないようにするために、「データベースコピー」の暗号化のデフォルトを変更することができます。
ノーツクライアントの「ファイル」「セキュリティ」「ユーザーセキュリティ」メニューを実行します。
「ユーザーセキュリティ」のダイアログが表示されるので、[Lotus Notes データ]タブをクリックします。
この中で「ローカルで暗号化しない」をONにします(下図参照)。



これで、データベースをコピーするときに、デフォルトでは暗号化しないとなります。
なお、この設定は、『ローカルレプリカ』と『ローカルコピー』に対しての設定になるので、気をつけましょう。

3 件のコメント:

坂井 明彦 さんのコメント...

はじめまして。
7.0はデフォルト「暗号化」のはずでは・・・?
少なくともうちの会社で最近変えた7.0.3はデフォルト「暗号化」です。
(何回か痛い目にあいました。)

およよ さんのコメント...

坂井さん。

コメントありがとうございます。

7.0.xまでは、「ユーザーセキュリティ」の値は「ローカルレプリカ」のみが対象になっているはずです。

そのため、「ローカルコピー」を作成する場合は、デフォルトは「暗号化しない」になっているはずです。

これが、8.0.xからは「ローカルコピー」も暗号化の対象になったので、コピーを作成する際のデフォルトが「暗号化する」になったはずです。

匿名 さんのコメント...

できることは知ってますが、いつも設定場所忘れてしまうんですよね。
助かりました。
ありがとうございます。