当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年4月1日水曜日

IDボールトの設定方法

Lotus Domino 8.5の新機能の一つに「ID ボールト」という機能がある。
ユーザーIDのパスワードを忘れた場合に、簡単に復旧できるというものらしいが、具体的な記述が見あたらない。
・・・ということで、筆者の環境で試してみた。

難しい。IDボールトというノーツDBとセキュリティポリシーを使っているというのは分かったのだが、ひたすら難しい。
Lotus Domino Administrator 8.5 ヘルプに説明は一通り書いてあるのだが、どうも的を射ない。
英語のヘルプを直訳している感じだ(IBMさん、どうにかしてよ!!)

とりあえず、今日はIDボールトを既存のLotus Domino 8.5サーバに導入するという手順を紹介しよう。

1.Lotus Domino Administratorを起動して、サーバを開く
2.[設定]タブを開く
3.[ツール]-[IDボールト]-[作成]をクリックする


4.IDボールトについての説明画面が表示されるので[次へ(N)]をクリックする


5.Lotus Notes ID ボールト名及び説明の入力画面が表示されるので、Lotus Notes IDボールト名を入力する
  入力したら[次へ(N)]をクリックする
  ※Lotus Notes IDボールト名はノーツDBのファイル名になる
   説明はノーツDBのタイトルになる
  と言うことを踏まえて入力して欲しい


6.ボールトIDのパスワード及びロケーション(保存場所)の入力画面が表示されるので、パスワードを入力する
  さらに、ロケーションを選択したら[次へ(N)]をクリックする
  ※パスワードは8文字以上


7.ボールトサーバーを選択する画面が表示されるので[次へ(N)]をクリックする
  ※デフォルトで最初に開いたサーバー名が選択されている


8.Lotus Notes IDボールトの管理者を選択する画面が表示されるので管理者を選択する
  選択したら[次へ(N)]をクリックする


9.Lotus Notes IDボールトユーザーの組織(または組織単位)を選択する画面が表示されるので[次へ(N)]をクリックする
  ※後で設定可能


10.IDボールトを利用するユーザー(パスワードのリセットを許可する)を選択する画面が表示されるので[次へ(N)]をクリックする
  ※後で設定可能


11.IDボールトのポリシーを設定する画面が表示されるのでいずれかを選択する
  選択したら[次へ(N)]をクリックする
  ※ここでは、「特定のユーザーやグループに割り当てる新規ポリシーの作成」を選択する
  ※後で設定可能


12.IDボールトのポリシーを割り当てるユーザを選択する画面になるので、ユーザまたはグループを選択する
  選択したら[次へ(N)]をクリックする
  ※後で設定可能


13.パスワードを忘れた場合に表示するテキストを入力する画面になるので、テキストを入力する
  入力したら[OK]をクリックする
  ※ここには、テキストにURLを書くことが出来るが、書式が決まっているので注意!!
   〈A HREF="xxxx"〉xxxx〈/A〉
   と書く。ここのHTMLタグは大文字で書いておくこと。小文字だと認識されないようだ。


14.設定内容の確認画面になるので[ボールトの作成]をクリックする


15.認証者IDを選択する画面になるので、認証者IDを選択する
  選択したら[OK]をクリックする
  ※手順9.で組織を選択していない場合は表示されない



16.認証者のパスワードを入力する画面が表示されるので入力する
  入力したら[OK]をクリックする
  ※手順9.で組織を選択していない場合は表示されない


17.IDボールトが作成される
18.IDボールトの作成が完了すると、完了画面が表示されるので、[完了]をクリックする
  ※設定内容を保存しておきたい場合は、[クリップボードへコピー]をクリックして、メモ帳などへ貼り付けて保存しておくと良い



これで基本的な設定は完了である。
ポリシーに設定されたユーザがノーツクライアントを再起動するとそのタイミングで、IDボールトのDB(サーバーのIBM_ID_VALUTフォルダに作成される)にIDファイルの情報がアップロードされる。

手順の詳細については、『Lotus Domino Administrator 8.5 ヘルプ』の《目次ビュー》を表示して、[セキュリティ]-[Lotus Domino Server IDとLotus Notes ユーザーID]-[Lotus Notes IDボールト]-[IDボールトの作成と設定を行う]を参照してほしい。



次回は実際にIDボールトの機能をどのように利用するのかを紹介したい(まだ検証中なので、いつかは未定・・・)。


※この検証は、あくまで筆者の環境で行ったものであり、正しいかどうかを記載しているものではありません。誤りを発見した場合は、コメントに一報を入れていただくとありがたいです。

0 件のコメント: