当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年4月20日月曜日

NotesUIDocumentクラスのRefreshメソッドの仕様って?

今日、こちらのサイト[Notes/Domino] 表示用の計算結果フィールドの値が Lotus Script から取得できないケースについてを見ていて気になったので、実際に試してみた。
なるほど、確かに再現する。
しかし、回避策も示されていたので、大丈夫だろうと思っていた。

が・・・その検証をする中で、1つ不思議なものを発見した。
下図を見て欲しい。これは、今回のネタの元となったNotesUIDocumentクラスのRefresh()メソッドの構文図である。


この構文はプログラムペインのプロパティにある「自動的にパラメタをポップアップ」というオプション(下図参照)をオンにすると表示されるのだが・・・


構文をよく見て欲しい。
Refreshメソッドには、3つのパラメータが設定されているのである(画面は8.5のもの)。
ここで、8.5のデザイナーヘルプを見てみると・・・

そう!パラメタは1つしかないことになっているのである!!


これってオンラインヘルプの不具合だよねぇ。
直して欲しいですね。っていうか説明を追記してくれないと使えないですよぉ。

ただし、2番目と3番目のパラメタには何を設定しても良さそう(テキスト、数値、日付を設定してみたが、エラーにならない)なので、
もしかしたら、『そもそも意味がない、予約用のパラメタ』なのかもしれない。

ちなみに、7.0.x、8.0.xでは、パラメタは2つまで設定可能だった。



気になって仕方がありません。誰か教えて。

0 件のコメント: