当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年7月10日金曜日

自分のカレンダーに他人のカレンダーを表示する

きっとIBMのサイトに書いてあったので、そっちを見ればいいや。と思って方って置いたと思われるネタがありました。
このブログもせっかく、多くの方に見ていただいているので、かぶりますが書きます。決してパクリではありませんので(笑)。

他人のカレンダーを見る場合、そのユーザのカレンダーを開く必要があります。
1人のカレンダーを見るだけなら、まだそれでも良いのですが、複数人となると面倒ですね。
また、同時に確認できないのもつらいですね。

グループカレンダーを使えば、空き時間の確認だけはできるけど、具体的な予定が見えないですね。
8.5ではそれを解消するため?に、「自分のカレンダーに他人のカレンダーを表示する」という機能が設けられました。

その手順を紹介します。
1.自分のカレンダーを表示して、左下にある「カレンダーの表示」を確認します。
デフォルトでは、自分自身が表示されているはずです。
※そこのチェックを外すと、自分のスケジュールも表示されなくなります。


2.[カレンダーの追加]をクリックします。


3.「カレンダーの追加」という画面になるので、ノーツユーザ名を入力します。
※ノーツユーザでも直で入力する必要があるのは、ちょっといただけないですね。


4.Googleカレンダーのアカウントを持っている場合、アカウントもしくは公開カレンダーのURLを入力します。


以上です。

下図は実際にカレンダーを追加した画面です。



スケジュールの所にマウスカーソルを移動すると、簡易情報がポップアップで表示されます。


なかなか便利でしょ。
これならグループカレンダーはいらないんじゃ・・・

0 件のコメント: