当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年7月10日金曜日

@Command([FileOpenDatabase])について

ネタDBを見ていて、ふと思ったことがあります。

@Command([FileOpenDatabase])コマンド、いつまであるのかな?
このコマンドは、ノーツDBをオープンするものですが、引数がちょっと変わっています。

引数に設定できるのは、「ビュー」もしくは「ナビゲータ」なんです。
えっ!?まだ「ナビゲータ」なの?「ページ」は?「フレームセット」は?

・・・設定できません。フレームセット名を設定して、実行しても
「そんなビュー/ナビゲータは存在しません。」と怒られる始末。



もうナビゲータは使って欲しくないような事を言っている割に、詰めが甘いですよねぇ。
関数/コマンド増やしすぎて、チェックが行き届いていないのでしょうか。
引数の見直しをして欲しいです。IBMさん。


ちなみに、引数を何も設定しない場合、そのデータベースの起動プロパティの内容に従いますので、フレームセットやページを開きたい場合は、そこを変更するようにしましょう。

0 件のコメント: