当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2009年11月16日月曜日

環境設定文書の作成方法

今回は、筆者がよく使う手法の紹介です。

その前に、恒例のお願いです!
にほんブログ村 IT技術ブログへ
今日もこちらをクリックしてから読んでくださいね。

ノーツDBに動作を設定する文書を作りたい場合、プロフィール文書を使うと思います。
以前は筆者もプロフィール文書を使っていましたが、
内容の確認が難しい(どういう状態にあるのか、いちいち画面を開かないと確認できない等)ので、今は余り使っていません。

その代わり、普通の文書を作成して使っています。
プロフィール文書は、ノーツDBに1つだけ作成できるという特性を持っているのですが、
普通の文書はそうではありません。

そこで、1つしか作成できないように工夫する必要があります。

筆者は以下の手順で行っています。
1.環境設定文書用のフォームを作成する
2.環境設定文書用のビューを作成する
3.ビューに以下のアクションを追加する
----------------------------------------------------------
tmp := @DbColumn("Notes":"NoCache";"";"Config_V";1);
@If(@IsError(tmp)|tmp="";@Command([Compose];"Config_F");@Command([EditDocument]))
----------------------------------------------------------

これで、このボタンをクリックすると、環境設定文書を1つだけ作成できるようになります。


環境設定文書だけではなく、普通に1文書しか作成させたくない。と言う場合に利用できます。
お試しあれ。


【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

6 件のコメント:

haru さんのコメント...

プロフィール文書、私もよく利用しています。

ノーツDBに1つだけしか作れないとは知りませんでした...
当方では利用者1人が1つのプロフィール文書を作成しているDBや登録された1つの文書に1つのプロフィール文書を作成しているDBなどあり、実質、文書数の制限はないと感じていました。

今後気をつけたいと思います。

およよ さんのコメント...

haruさん、コメントありがとうございます。

書き方に語弊があったかもしれません。

同一のフォーム名のプロフィール文書は、ノーツDB内に一つだけしか作成できないということです。

ですので、フォーム名が違っていれば、いくつでもプロフィール文書を作成することは可能です。

すみませんでした。

jizo さんのコメント...

すいません、くだらないことですが。

Notesの世界では「環境設定文書」という
名前は共通語なんでしょうか?

ちなみに私もNotesの開発を10年くらい
やっていますが、どこもこんな感じの名前
を使ってますね。
あと、わたしもプロフィール文書はあまり
好きではないので一時的なデータの引渡し
などでしか使いません。

およよ さんのコメント...

jizoさん、コメントありがとうございます。

>Notesの世界では「環境設定文書」という
名前は共通語なんでしょうか?

違うと思います。
たまたま皆さん使っているだけでしょう。
共通語ではないと思っていたので、なんとか違う表現をしなければ!と思っていたのですが、面倒くさくなってそのまま使ってしまいました。

でも、分かりやすい言葉だと思いますけどね。

haru さんのコメント...

返答ありがとうございます。

あれからプロフィール文書についてテストなどしてみました。

プロフィール文書を呼び出すときのキーとしてフォーム名とユーザー名を利用しますが、フォーム名が同じでユーザー名を変えて複数のプロフィール文書を作ることができました。

なお、ユーザー名に"Common"などとすると共通のプロフィール文書として利用できるようです。ただしプロフィール文書はクライアントにキャッシュされるようですので頻繁には変更されないキーワードなどを定義するのに利用するならいいかもしれませんね。

特攻野郎Nチーム さんのコメント...

およよさま

Notesを触って早10年になる者です。
私も知らず知らずの内に「環境設定文書」なる言葉を使ってました。なんか出所があるのかもしれません。

私はにユーザ側企業へ転職してしまったのですが、Notes開発者の時は、プロフィール文書は、キャッシュされる場合があったので、好んでNotes文書をつかっておりました。

最後に
Notesって何?って聞かれたときは、「Note」(文書)の塊が「Notes」です。って答えてます。さらに何をするにも文書が必要で、「データを書き込んで、蓄積するための文書」って説明しています。最初の取っ掛かりが楽です。

「環境設定文書」も同じく「サーバさんが処理したり、初期値を保存するための文書」として説明しています。