当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2010年3月15日月曜日

選択したDBのODSバージョンを調べる

本日、二つ目の記事です。しかし、3月も半ばだというのに冷えますね。
以前、Lotus Domino 8.5の新しいODSを利用するには・・・という記事で紹介した内容に近いものです。

興味のある方だけご覧ください。

では、記事に移る前に・・・
にほんブログ村 IT技術ブログへ
押してくださってありがとうございます。





ノーツDBのODSバージョンを調べる方法です。
普通だったら、ノーツDBのプロパティを見れば良いのですが(下図参照)、

これをプログラムで判断できないか?ということで、やってみました。

ノーツDBのODSはLotus Notes/Dominoのバージョンによって左右されると言うことで、
サンプルは「選択したノーツDBのODSバージョンを調べる」というものにしてあります。

方法は簡単で、NotesDatabaseクラスのFileFormatプロパティを使うだけです。
このプロパティはRelease 6で追加されましたが、もちろんR5以前のDBに対しても使えます。
(実際にxxxx.ns3というノーツDBを作成してみて、そのODSを調べてみたら、「17」と判断されました。)

Sub Click(Source As Button)
    Dim uiws As New NotesUIWorkspace
    Dim ret As Variant 'Promptメソッドの戻り値
    Dim session As New NotesSession
    Dim db As NotesDatabase
    
    ret = uiws.Prompt( 13, "", "" )
    
    If Isempty( ret ) Then
        Msgbox _
        "キャンセルがクリックされました。処理を中断します。", _
        MB_OK + MB_ICONSTOP, _
        "選択したDBのODSバージョンを調べる"
        Exit Sub
    End If
    
    Set db = session.GetDatabase( ret(0), ret(1), False )
    If Not( db Is Nothing ) Then
        Msgbox "このNotes DBのODSは " & db.FileFormat & "です。", _
        MB_OK + MB_ICONINFORMATION, _
        "選択したDBのODSバージョンを調べる"
    End If
End Sub



【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: