当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2010年8月31日火曜日

メールの回収

皆さん、IBM Lotus Notes Movieを見ましたか?
ちょっと微妙なムービーですが、Lotus Notesでできることを端的に教えてくれるという点では、面白いですよ。

さてさて、では今日もクリックしましょう。
にほんブログ村 IT技術ブログへ


今日は、Lotus Notes Movieの第1話で取り上げられているメールの回収について書いてみたい。
と言っても、設定もそんなに難しくないし、今更な感じも否めないが、そこは付き合って欲しい。

まずは、メール回収の設定から。
1.ドミノディレクトリにサーバ設定文書を作成する(すでに作成してある場合は、作成済みの文書を開く)。
2.[ルータ/SMTP]タブの[送信済みメールの回収]タブを開く。
3.「送信済みメールの回収」の項目を"有効"にする(デフォルトが有効になっているので、変更しなくても良いだろう)。

※ルータタスクを再起動の必要はなさそうです。

たった、これだけです。簡単ですね。



では、次にクライアント側の方を見ていきましょう。
ポイントとしては、
・「送信済み」「すべての文書」ビューからのみ実行可能
・メールの回収は、1度に1通しか行う事ができない
ということです。
つまり、「送信済みのメール文書を開いても実行出来ない」のです。
メールの中身を見て、「あ!これは間違えて送った奴だから取り消さないと!」と言うときでも一度ビューに戻る必要があるのです。ちょっと面倒ですね。

この[送信済みメールの回収]をクリックすると、下図のようなダイアログが表示されます。

今回は、全員からメールを回収してみますので、全員にチェックを付けます。
また、2つあるオプションも両方チェックを入れてみます。

なお、色々なパターンを検証するために、受信者の状態は次のようにしてあります。

受信者名

文書の状態
Test Ichirou 未読
Test Jirou ゴミ箱行き後、未読として戻す
Test Saburou 既読
Test Yoshimi メール削除
Test Gorou 既読後、未読に戻す
Test Mutsuko ゴミ箱行き
Test Nanami ゴミ箱行き後、既読として戻す

上記の設定画面で、[OK]をクリックすると、メールの回収が行われたことを示すダイアログが表示されます。(下図)















この時、サーバ画面では、下図のように表示されています。


全員のメールがrecallされた後に、結果を送信者(メールの回収実行者)に送っていることが分かります。
結果は下図の通りです。

先ほどの表のようにまとめた結果がこちらです。
受信者名
文書の状態
結果
備考
Test Ichirou 未読 回収済み メールは未読です
Test Jirou ゴミ箱行き後、未読として戻す 回収済み メールは未読です
Test Saburou 既読 未回収 回収を許可されていません
Test Yoshimi メール削除 未回収 メールが受信者によって削除されました
Test Gorou 既読後、未読に戻す 回収済み メールは未読です
Test Mutsuko ゴミ箱行き 回収済み メールが受信者によって削除されました
Test Nanami ゴミ箱行き後、既読として戻す 未回収 回収を許可されていません

文書を読んでしまったユーザのメールが回収できなかったのは、サーバ設定文書の設定によるものです。
また、ゴミ箱に移動している場合について回収されているのというのもポイントです。

ちなみに、サーバ設定文書の設定を変えることにより、既読文書でも回収をすることができます。


是非、試してみてください。



【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

使えそうで使えない?それとも使えなそうで使える?