当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2010年9月24日金曜日

Lotus Notes/Domino 8.5.2をインストールしてみた

シルバーウィークも後半を迎えました。さてこの習慣、根づくのでしょうか?

というわけで?今日も、にほんブログ村 IT技術ブログへこちらをポチッと押しましょう。


本日は、先日リリースされたばかりの8.5.2ネタです。
筆者は、Lotus Notes/Domino 8.5.2 日本語版がリリースされました(※いつもためになる記事、感謝してます!)の記事を見て、早速 IBM Software Access Catalogからダウンロードしてインストールしてみました。


早速、新しい機能を発見?したのでレポートします。

メール文書のeml変換機能です。
これは、メール文書をeml文書としてローカルPCに保存できるというものです。
手順は簡単。
  1. eml変換したいメール文書を開く。
  2. [ファイル][名前を付けて保存]メニューを実行する。
  3. 好きな名前で保存する。
※この場合、1度に変換できるのは1つの文書のみ。


1度に1つの文書しかできないのは面倒だ!という貴方は、
以下の手順を行ってください。
  1. [ファイル][プリファレンス]メニューを実行する
  2. 「追加のオプション」で[ドラッグアンドドロップ操作で eml ファイルとして保存]にチェックを付ける
  3. [OK]をクリックする。
  4. これで、メール文書を、保存したいフォルダに向けてドラッグアンドドロップするとemlファイルとして保存してくれます。
※Lotus Notesクライアントの再起動は不要。
※複数文書を選択してドラッグアンドドロップをすると、1度の操作で複数の文書をemlに変換することが可能。
※Formが"Memo"もしくは"Reply"のもののみ、 eml ファイルとして保存される。それ以外のものは"Notes://~"のショートカットとして保存される。


どちらを使うかは、お好み次第と言うことで。


【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2 件のコメント:

長島 広隆 さんのコメント...

長島です。
リンクしてくださっていたのに気が付かなくてすみません。

ちょっとブログのネタ取られちゃいましたねー (笑)

匿名 さんのコメント...

参考にさせて頂きました。
試した結果をお知らせします。

複数メッセージのドラッグアンドドロップでは数に限りがあるようで、50個までしか作成されませんでした。(環境によるかもしれませんが)
また、ファイル名がメールのSubject名ではなくUntitledになってしまいました。
どれがどれか解らなくなったので、50個未満で書き出すのが良さそうです。