当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2010年9月27日月曜日

Lotus Notes/Domino 8.5.2をインストールしてみた その2

9月最終週です。一気に冷えましたね。皆さん、風邪を引いたり、体調を崩したりしていないでしょうか?
筆者はギリギリ?大丈夫です。

さぁ、今日も、にほんブログ村 IT技術ブログへこちらをポチッと押して元気に1週間を過ごしましょう!

今回も8.5.2ネタです。
バージョンアップすると、ネタが増えますね(笑)。

前回はメール文書をeml変換できるようになった!といきなり新機能の話をしてしまいました。
今回はインストールで変わった箇所があったのでそこを紹介します。
順番がめちゃくちゃなのは、ブログならではのご愛敬と言うことで・・・


まずは下の画面をご覧ください。8.5.2クライアントのインストール時の設定画面です。
何をインストールするのか決めた後、Lotus Notesをどのように使うのかを選択する画面です。
一番下の項目に「オペレーティングシステムの起動時に Lotus Notes の一部を起動する(Lotus Notesの起動が早くなります)」というのが追加されています。
ここにチェックを入れてインストールを行うと、Windowsの起動時に、Lotus Notesの一部が起動されるようになり、Lotus Notes ショートカットアイコンからの起動が早くなります。
(察しの良い方は、どこに設定が施されているかはすぐに見当がつくでしょうが、あえてここでは公開しません。悪しからず)

実際に筆者のPCで測定した結果が以下の表です。

【ノーツクライアント8.5.2の起動】
クライアントスペック
OSWindows XP Professional SP3
ノーツバージョンLotus Notes 8.5.2
CPUIntel Core(TM)2 Quad CPU Q6600 @ 2.40GHz
メモリ3.0GB

※コメントをいただきましたので、改めて計測しました(2010/09/29 09:30)
コールドスタート(OS起動後に初めて起動したとき)
Lotus Notes クライアントの状況秒数
ワークスペース画面が表示される00' 20" 09
ステータスバーに「Lotus Notes 構成設定が更新されました」が表示00' 43" 72
ステータスバーに「ウィジェットカタログ EFMIYOSV/EFMIYO toolbok.nsf を使用しています。」が表示01' 19" 02

ウォームスタート(2回目以降の起動)
Lotus Notes クライアントの状況秒数
ワークスペース画面が表示される00' 05" 47
ステータスバーに「Lotus Notes 構成設定が更新されました」が表示00' 28" 82
ステータスバーに「ウィジェットカタログ EFMIYOSV/EFMIYO toolbok.nsf を使用しています。」が表示01' 04" 41




これを見ると、起動がとても早くなっています。
ウィジェットカタログのチェックに1分程度かかっていますが、その間使えないわけではないので、実質6秒後にはノーツが使えることになります。コールドスタート(初回起動時)で20秒、ウォームスタート(2回目以降の起動時)では6秒で使えるようになります。
 (2010/09/29 09:30 変更)

すごいですね。



【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

2 件のコメント:

大川宗之 さんのコメント...

6秒って凄いですね・・・・でも、これってWindowsを立ち上げた最初のノーツ起動時間ですかね?ウォームスタートだったら6秒というのはわかるんですが、コールドスタートで6秒というのは速すぎかと。

このオプション、私も比較テストしたのですが、大して早くならなかったんです。8.5.3に期待かなだなんて思っていた時にこのエントリを読んだので、思わずコメントしてしまいました。

およよ さんのコメント...

大川さん、コメントありがとうございます。
仰るとおり、ウォームスタートの時間でした。
改めて、コールドスタートでの起動時間を計ったところ、起動に約20秒かかりました。
8.5.1での起動時間を計測しいなかったのですが、体感的には多少早くなったのかな?と思っています。

他の方の環境ではどうだったのかが知りたいですね。
こんな結果だったよ。という情報をお持ちの方はコメントをいただけるとありがたいです。