当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2010年9月29日水曜日

Lotus Notes/Domino 8.5.2をインストールしてみた その4

本日は、昨日とうってかわって晴天です。こういう日は出かけたくなりますね。でもお仕事を頑張りましょう!

そんなわけで、にほんブログ村 IT技術ブログへ今日もボタンを押して読んでください。

今日も8.5.2ネタです。
ノーツクライアントをインストールすると、デスクトップにショートカットが作成されるので、スタートメニューから起動する方は多くはないかと思います。
そのため、スタートメニューにはどんな項目があるのかも知らないと言う方も多いのではないでしょうか。

下図は8.5.2をインストールしたときのスタートメニューの内容です。
なにやら「サポートメニュー」というのが追加されています。
その項目を見ると、「Lotus Notes の診断データを収集して Lotus Notes を稼働したままにする」と「Lotus Notes の診断データを収集して Lotus Notes を終了する」という2つがあります。

これらはクライアントの挙動がおかしくなったときに、データを解析するための情報を収集するプログラムです。
実際に実行すると、「ノーツクライアントのDataディレクトリ\IBM_TECHNICAL_SUPPORT」配下に障害解析用のファイルが生成されます。

下図は実行したときに表示される画面です(実際には実行が終了すると、自動で画面が閉じられます)。

ホスト名やユーザ名、OSやノーツのバージョンも表示されていますね。

IBMとサポート契約を結んでいる場合、この情報があれば、原因が早く分かるかもしれません。
問い合わせを行う場合は、事前に実行しておくと良いでしょう。

ちなみに、このメニューは8.5.1でも実行出来ます。
ショートカットのプロパティを見れば分かるのですが、
[Lotus Notes の診断データを収集して Lotus Notes を稼働したままにする]は
C:\lotus\Notes\nsd.exe -hang
[Lotus Notes の診断データを収集して Lotus Notes を終了する]は
C:\lotus\Notes\nsd.exe -hang -kill

というコマンドを実行しているのです。

8.5.1でクライアントの挙動がおかしくなったという場合には、このコマンドを実行してクライアントの情報を記録しておきましょう。



【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: