当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2010年12月17日金曜日

Lotus Traveler for android をインストールしてみよう!

気がつけば年末らしいです。しかし、筆者にはそんな感覚は全くと言って良いほどありません。なぜでしょう???
忘年会もやったのですが・・・
皆さんはどうでしょう?年末年始に向けて着々と進んでいますか?

では今日もクリックをお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログへ


今日の話題もandroid関連です。

IBM Lotus Notes Traveler 8.5.2.1 における Android 端末サポートの発表で発表されたとおり、Lotus Domino 8.5.2でandroid端末対応のLotus Travelerがダウロードできるようになりました。androidユーザの筆者としては一刻も早く使ってみたい!ということで早速ダウンロードしました。

Lotus Dominoへのインストールは簡単。Lotus Dominoを停止して、インストーラを実行するだけです。
さて、ではandroid端末へのインストールはどうなんでしょうか?見ていきましょう。

まずは、ブラウザでLotus Dominoのトラベラーのページを表示します。
URLは、http://<サーバ名>/servlet/traveler
です。下図は筆者のandroid端末(IS01)で、ページを開いたときの画面です。
確かにandroidと認識してくれているようです。

ここで「Androidの構成」というリンクをタップします。
すると、インストーラが自動的にダウンロードされます。このファイルはSDカードにダウンロードされるので、SDカードがないと、エラーになりますので気をつけましょう。
下図はダウンロードが完了したときの画面です。

では、このインストーラを使ってインストールを開始します。このLotusInstaller.apkをタップします。
すると、確認画面になるので、[インストール]をタップします。ドキドキしますね!

・・・!!!なんと!インストールに失敗してしまいました!
その衝撃の画面が下図です。「Lotus Installerはこの端末にインストールできません。」って・・・

そうです。Lotus Travelerはandroid OS 2.x以上に対応しているのです。筆者のIS01はandroid 1.6・・・
なんとインストールすら許されないのです。
表明時から2.xに対応するよ。となっていたので期待はしていなかったのですが、インストールすらできないとは・・・android SDK 2.xのものを多数利用しているのでしょうか?
auのばっかやろー!sharpのばっかやろー!Lotusのばっかやろー!ついでに俺のばっかやろー!!!!

・・・と叫んでも何も解決しません。
これから、android端末を買おうと考えているLotus Notesユーザの皆さん、IS01が2年間基本料金がタダだからと言って、買うのは「絶対に」止めましょう!確実に損をします!



さて・・・ここで終了してしまっては、ただただ、筆者の愚かさを書くにとどまってしまうので、本当にandroid端末に対応したのかどうかをチェックしましょう。
しかし、筆者はandroid 2.x端末の実機を持っていません(誰かプレゼントしてくださいm<_ _>m)ので、ここはエミュレータを使うことにします。

ここからの画面はすべてandroid 2.1のエミュレータでのものとなりますので、ご了承ください。

まずは同じようにLotus Domino上のLotus Travelerのページを開きます。
確かに、android端末として認識されているようです。
先ほどと同じように、[Androidの構成]をタップして、インストーラをダウンロードします。
そして、インストーラを実行して、インストールを行います。

・・・おぉ!さすがにエミュレータとはいえ、android2.1!
インストールができました。
しかし、まだインストーラのインストールが終わっただけです。
この画面の[開く]をタップして、作業を続けます。

すると、プログラム使用に関する使用条件が表示されますので、一通り読んだ上で、[同意する]をタップします。

さらに、インストール開始の確認ダイアログが表示されるので、[次へ]をタップします。

今度は、Lotus Travelerを誰が使うのかを設定する画面が表示されるので、
Lotus Dominoサーバ名、ユーザ名、パスワードを入力します。
この時、サーバ名はポート番号まで指定する必要があります(HTTPポートがデフォルトの80なら書く必要はありませんがそれ以外の時は書く必要があります)。

入力したら、[次へ]をタップします。
すると、アプリケーションのインストール確認ダイアログが表示されるので、[インストール]をタップします。この時、アプリケーション名が「Notes Traveler」になっているのがポイントです。

インストールが正常に終了すると、終了ダイアログが表示されます。




ここで、[開く]をタップします。
すると、Notes Travelerの利用設定画面が表示されるので、設定を行って、[終了]をタップします。

すると、「構成が成功しました。 Lotus Travelerが利用可能になりました。」というメッセージダイアログが表示されますので、[OK]をタップします。
ん?でも、インストールしたのは「Notes Traveler」だよな?なんで??? という疑問は残りますが、忘れることにしましょう(笑)


これで、本当にインストールは終了です。・・・果たして、本当にインストールされたのかを確認しましょう。
アプリケーション一覧画面を開きます。
下図を見てください。・・・おぉ!見事にインストールされています。
LookUp、Notes Traveler、カレンダー、メールという4つのアイコンがあります。
これらを称して、「Lotus Traveler」というのでしょう。


ということで、android 2.x端末であれば、Lotus Travelerがインストールできることが確認できました。
次回は、(気が向けば)、各アプリケーションの使い方を見ていきましょう。
書いて欲しいと思った方は、筆者にandroid 2.x端末を送りましょう。気合いを込めて書くこと間違いなし!です。


【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: