当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2011年9月24日土曜日

おじさんSEが学ぶXPages(2)

今週も3連休です。先週末にブログを書いてから、すでに一週間が経過してしまいました。XPagesの連載ものにすると決めたのに、なかなか時間がとれません。必ず、アプリケーションは完成させますので、気長にお付き合いください。

 ということで、今日は第2回目です。

その前に、久しぶりの
にほんブログ村 IT技術ブログへ
応援ボタンです。みなさんが、押してくれないとLotus Notes/Dominoが世の中に浸透しませんよ(笑)



では・・・
 前回は、ノーツアプリケーションとして「図書管理 for XPages」(以下、図書管理と呼称)を作成するという事を宣言して、そのアプリケーションで使用する文書情報のフォーム(蔵書、貸し出し)を作成しました。
今回は、XPagesの設計要素を作成します。

図書管理の画面遷移は以下のようなものとしています。
オレンジ色が一覧画面(従来のノーツアプリケーションのビューに該当するもの)で、青色が文書画面(従来のノーツアプリケーションのフォームに該当するもの)です。
画面遷移図
これらのうち、「蔵書参照画面」と「蔵書登録/編集画面」は同一のものとしますので、
実質、4つの画面が必要になります。

ということで、まずは、この4つの画面を作成します。
  1. メイン画面(蔵書一覧) home
  2. 貸し出し一覧 Issueguides
  3. 蔵書参照/登録/編集画面 BookResources
  4. 貸し出し/返却画面 Lending

Domino Designer画面の左側のツリーから[XPages]の箇所をダブルクリックします。
名前は、"home"とします。
コメントは、空欄のままとします。
データソースをページに追加のチェックボックスは外したままにします。
新規 XPages作成画面
 [OK]をクリックします。
少しすると、真っ白なXPagesのが面が表示されます。

同様に、
Issueguides
BookResources
Lending
と言う名前でXPagesを作成します。
作成したXPagesの一覧


今度は、これらのXPagesで共通する部分を作成します。
それには「カスタムコントロール」というものを利用します。
Domino Designer画面の左側のツリーから[カスタムコントロール]の箇所をダブルクリックします。
名前は、"container"とします。
コメントは、空欄のままとします。
新規カスタムコントロール作成画面
[OK]をクリックします。

すると、 真っ白なカスタムコントロールの画面が表示されます。


ここで、さきほど作成した4つのXPagesに共通するものとして、アプリケーションのタイトルを常に表示されるようにしてみましょう。

[コントロールビュー]から「ラベル」を選択して(*1)、 containerコントロール画面にドラッグ&ドロップします。
ラベルの値を「図書管理 for XPages」に変更します。
containerコントロールにラベルを配置

一度、containerコントロールを保存したら、home XPagesの編集画面に切り替えます。

コントロールビューの下の方にある「カスタムコントロール」の中に、今し方作成した、containerコントロールが表示されています。
それをドラッグ&ドロップします。

これで、containerコントロールがhome XPages設計要素に追加されました。
homeは保存しておきましょう。



というところで、今回は終わりです。
次回は、containerコントロールの内容を編集して、共通レイアウトの部分を作成します。




【*1 Domino Designerの画面レイアウトについて】
XPagesで開発を行う場合、Domino Designerの画面レイアウトも重要になります。
従来のノーツアプリケーションを作成する場合には、不要であったビューも表示させておいた方が良いです。
簡単に戻すには、Domino Designerで[ウィンドウ][パースペクティブのリセット]メニューを実行します。
下図がパースペクティブをリセットした状態です。
この連載中は、下図のパースペクティブの状態でDomino Designerを使用していきます。
Domino Designerの初期画面


なお、筆者のスマートフォン(IS04)は故障しているので、しばらくはモバイルでのネット接続はできません(2011/09/24現在)。
ですので、筆者がネットをチェックできるのは、深夜になりますので悪しからず・・・


【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】

単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: