当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2012年3月15日木曜日

マルチリンガル対応してみよう(1)

今週の金曜日は、テクてくロータス技術者夜会がありますね。スペシャルゲストがいらっしゃるとの事なので、出来る限り時間を作って参加しましょう。
もちろん、筆者も行きます!


毎度の事ですが、ボタンをクリックしてから先へ進んでください。
 にほんブログ村 IT技術ブログへ



さてさて、先日、いつものように?XPages アプリケーションを作成していて、気になる事がありました。
「アプリケーション のプロパティ」の「XPage」タブに"ローカリゼーション"という項目があるではないですか!
XPage のローカリゼーション

XPages アプリケーションを作る場合、簡単に多国語対応できるのかな?と思ったのですが、
そもそも多国語対応のノーツアプリケーションを作った事がないな?ということで、どのように作るのかを検証してみました。

作り方は、「IBM Lotus Domino 8.5.1 Designer ヘルプ」の「マルチリンガルアプリケーションを作成する」という文書に出ていますので、詳細はそちらを参照してください。


まずは、普通にノーツアプリケーションを作成します。
筆者は、ローカルPCに「multilingual.nsf」というファイル名で作成しました。
タイトルは、「マルチリンガル対応DB」としました(え?すでにカタカナを使っているのがダメじゃないか!?って・・・アハハ)。


次に、作成したノーツアプリケーションのデータベースプロパティを開きます。
その中の「設計」タブを開きます。
一番下に「マルチリンガルオプション」があるので、「マルチリンガルデータベース」にチェックをつけます。さらに、デフォルトの言語を設定します。筆者は日本語が(それなりに)達者なので、日本語を選択しました。
マルチリンガルオプション

今度は、ノーツアプリケーションの中身を作ります。
Lotus Domino Designer で、ノーツアプリケーションを開きます。
フォームを作ります。
フォーム名/別名は「メイントピック/MainTopic」とします。
そうしたら、普通にデフォルトの言語(筆者の場合は、日本語)でフォームを作ります。
簡単にするために、以下のようにしました。
日本語用のフォーム


項目名 フィールド名 種類
件名 Subjectテキスト
分類 Categoryテキスト
本文 Bodyリッチテキスト

この他、アクションも作成しました。
アクション名
保存して閉じる
キャンセル
閉じる
編集する

アクションの中身は適当に書いてください。ここでは、中身は問題としません。

出来たら、フォームを保存します。
設計要素一覧画面に戻ったら、作成したフォームのプロパティを開きます。
そして、「設計」タブにある「言語」を設定します。(くどいですが、日本語にします)
日本語フォームの言語設定

では、英語のフォームを作りますが、一から作成するのではなく、日本語で作成したフォームをコピーします。
そうしたら、コピーしたフォームの設計プロパティを開き、「設計」タブを開きます。
今度は、「言語」を英語に変更します。

次に、コピーしたフォームを開きます。
フォーム名が「コピー メイントピック」になっているはずなので、
「メイントピック | MainTopic」に変更します(フォーム名がメイントピック、別名がMainTopic)。
日本語のフォームと全く同じだから、エラーになるのでは?
と思った方、残念。

マルチリンガル対応している場合は、言語が違えば、同じフォーム名で作成できるのです。
実はここがポイントです。

出来たら、フォーム内の項目名を変更します。
項目名 フィールド名 種類
Subject Subjectテキスト
Category Categoryテキスト
Content Bodyリッチテキスト

アクション名も変更します。
アクション名
Save&Close
Cancel
Close
Edit

筆者の画面はこんな感じになりました。
英語のフォーム画面



というところで、まさかの次回に続く!です。
次回は、ビューを作った後、実際に動かして検証します。








Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: