当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2012年3月21日水曜日

nhttpタスクのポートを変更する

最近、ブログをサボりがちですね。すみません。とあるところからも、「ちゃんと書け!」とお叱りをいただいてしまいました。ホント、すみません。

今回も、たいしたネタではありません。


ですが、まずはボタンをクリックしてから読んでください。最近、めっきり押してくれないもんだから順位が上がらずにへこんでいます。どうぞ、クリックしてやってください。
にほんブログ村 IT技術ブログへ



さて、それでは本題。

みなさんは、ノーツアプリケーション(ノーツDB)を開発するときの環境はどうなっていますか?
開発用のサーバがあるでしょうか?それとも、自分のPCに開発用のLotus Dominoを構築しているでしょうか?それとも、Lotus Domino Designer単体で動かしているでしょうか?
筆者の場合は、「自分のPCの開発用のLotus Dominoを構築している」と「Lotus Domino Designer単体で動かしている」の2種類です。
開発環境が複数あるんですね。

XPages アプリケーションもそうですが、Web対応のノーツアプリケーションを作成する際、どうしてもプレビューをする必要があるかと思います。
XPages アプリケーションの場合、Lotus Notes クライアントで確認するという手法もあるわけですが、どうしてもWeb ブラウザイメージでの確認が必要な場合もあります。

ローカルPCで開発をしている場合、ウィルス対策ソフトが邪魔をする。という話が良く聞かれます(ました?)。
インターネットで検索すると、大抵、ファイヤーウォールを解除するとか、ウィルス対策ソフトを停止する等、後ろ向きなことしか出てきません。

一時的には良いかもしれませんが、プレビューするたびに設定変更したりするのは面倒ですね。

ということで、Lotus Domino Designer 側でhttpタスクのポートを変更してしまうという事をやってみましょう。

え?そんな事出来るの?と言う方、出来るんです!
手順は、次の通り。

1.Lotus Domino Designer を起動します。
2.[ファイル][プリファレンス]メニューを実行します。
3.「設定」ダイアログが表示されるので、左側のツリーから「Lotus Domino Designer」を開きます。
4.「Web プリビューポート」の値を適当な数値(使われていないポート番号)に変更します。
Lotus Domino Designerのプリファレンス
5.[OK]をクリックします。

これで完了です。
実際に、XPages アプリケーションやWeb 対応のノーツDBをブラウザで起動してみてください。


パーソナルファイヤーウォールが設定されている場合、「nhttp.exe」を例外登録しておかないといけませんが、ポート番号が使えないというエラーは、これで発生しなくなります。

ちなみに、起動に失敗した場合、ローカルのlog.nsfに
2012/03/21 22:24:20   HTTP Server: Using Web Configuration View
2012/03/21 22:24:21   HTTP Server: Error - Unable to Bind port 80, port may be in use or user needs net_privaddr privilege
2012/03/21 22:24:22   HTTP Server: Shutdown
というエラーが記録されます。


なお、筆者のPCの場合、ポート番号を「8089」に変更したら、うまくいきました。
ただし、この番号でも必ず動作するかは保証しかねますので、悪しからず。


※2012年3月22日 追記
 どうやら、この機能はLotus Domino Designer 8.5.3からの新機能のようでした。道理で知らなかったはずです・・・8.5.2をお使いの方は、8.5.3にアップグレードしましょう!
よく確認しないまま投稿して済みませんでした。



さて、これでようやく、まともにXPages アプリケーションのブログ記事を書く事に専念できる・・・




Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: