当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2012年5月25日金曜日

LotusScriptソースの整形

こんばんは。すでに0:00を回っています。夜更かしは嫌いなのに・・・
ということで、検証を行う時間がありませんでした。

なので、検証の結果は後日(何の検証かは記事になってのお楽しみということで・・・)

気になるなぁ。と言う方は、こちらのボタンをクリックして、待っていてください。
にほんブログ村 IT技術ブログへ


今日はホントに小ネタです。
筆者も、以前から「どうにかなんないかなぁ・・・」と思っていたのですが、「まぁ、無理だろうなぁ。UIにそんなに力入れてないし」とあきらめていました。

という、とある疑問を職場の人にされましたので、 本当にできないのかどうか調べてみようと調べてみました。

え?何の話かって?
LotusScriptのソースの整形の話です。
エージェントやスクリプトライブラリでLotusScriptを記述する際、8.5になってからはインデントが自動的に修正されなくなりました。

自分でTabを書いたとおりにインデントされてしまいます。

でも、8.0以前の従来のDomino Designerではそんな事はありませんでした。

関数も大文字小文字を適当にばらつかせて書いても、保存するときには綺麗に書き換えてくれました。

そんな優しいLotus Domino Designerはどこに行ったんでしょうね。

で、まとめると、質問は「LotusScriptを書いたけど、インデントがばらばらでとても見づらい。以前のバージョンは自動的に整形してくれたよね。今のバージョン(8.5.x)ではそうならないの?」
というものでした。

筆者も、ソースは後で見返したときに少しでも分かりやすいようにインデントには気をつけています。
それでも、ずれたままになってしまう事がありました。そのたびに手動で修正しており、「面倒だなぁ」と思っていたのです。

それで、もう一度、本当にできないのかどうかを検証してみました。

すると、LotusScriptを記述しているときにだけ、「ソース」というメニューがある事に気がつきました。
そのメニューを開いてみると、「インデントの修正」という項目がありました。
実行してみると、インデントを修正してくれるではないですか!

ということで、ずらずら書いてしまったソースのインデントを修正するには、LotusScriptのコードの全行を選択します(Ctrl + Aで出来ますね)。
次に、「ソース」「インデントの修正」メニューを実行します。
 これだけです。
インデントの修正

ということでした。
ちなみに、関数の大文字小文字を整形したい場合には、関数の後ろにワンスペース入れてみてください。その瞬間に変わってくれますよ。


以上、小ネタでした。
疲れてるんで許してください・・・










【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: