当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2012年11月22日木曜日

Gitサーバに変更を反映しよう

今日(2012年11月22日)は、いい夫婦の日だそうです。普段の感謝の気持ちを伝えましょうね。夫婦、お互いに。
ちょうど、明日から3連休の人も多いはず。どこかにお出かけしてはいかがでしょうか。

では、本題に入る前に恒例のクリックタイムです。新着記事がない日でも、何か記事を見たらクリックしてくださいね。その気持ちが筆者にブログを書かせる元になってます。
にほんブログ村 IT技術ブログへ

さて、今日の話題です。

前回、前々回とノーツアプリケーションのソース管理について説明してきました。今回もその続きです。
今回は、ローカルPC上でノーツアプリケーションを変更して、その内容をGitサーバにpushするという事についての説明です。

0.前提条件
 Lotus Domino Designer 8.5.2以降がクライアントPCにインストールされていること
 EGIT for IBM Domino DesignerがLotus Domino Designerにインストールされていること
 Gitサーバに自身のユーザを登録していること
 GitサーバにあるプロジェクトファイルをローカルPCにpullしてあること

1.nsfとオンディスクプロジェクトの同期
 Lotus Domino Designerを起動する
 nsfファイルに修正を加える
 「データベースナビゲータ」ビューでノーツアプリケーションをマウスで右クリックする
 「チーム開発」「オンディスクプロジェクトとの同期」メニューを実行する
オンディスクプロジェクトとの同期
※プリファレンスメニューで自動同期にすることも可能(デフォルトでは自動同期になっている)
プリファレンスのソース管理タブ

2.Gitサーバとの同期
 「Git Repositories」ビューを表示する
 nsfと関連付けられているプロジェクトをマウスで右クリックする
 「Commit」メニューを実行する
Commitメニューの実行
「Commit Changes to Git Repository」ダイアログが表示されるので、「Commit message」欄に変更内容を入力する(ここは必須入力)
 ダイアログの下段には、変更された設計要素の一覧が表示されるので、Commitしたいものだけを選択する(Status欄にチェックを付ける)
Commit内容の入力
入力したら、[Commit]ボタンをクリックする
 次に、プロジェクトを管理しているGitサーバにログインする
 GitサーバからプロジェクトをpullしたときのURLをクリップボードにコピーする
 再度、「Git Repositories」ビューを表示する
 nsfと関連付けられているプロジェクトをマウスで右クリックする
 「push」メニューを実行する
pushメニューの実行
「DestinationGitRepository」ダイアログが表示されるので、「Authentication」欄にGitサーバのユーザ名/パスワードを入力して、[次へ]をクリックする
Gitサーバへpushする際の設定ダイアログ
「Push Ref Specifications」ダイアログが表示されるので、「Add create/update specification」の欄にどのブランチに入力するのかをセットする(通常は、masterを設定すれば良い)
 設定したら、横にある[Add Spec]ボタンをクリックする
レポジトリのブランチ選択画面
「Specifications for push」欄に選択したブランチが表示されるので、確認できたら[次へ]をクリックする
pushする先のブランチが選択された
「Push Confirmation」ダイアログが表示されるので、[終了]をクリックする
pushの最終確認画面
Gitサーバにプロジェクトファイルがpushされる
 pushが完了すると、完了ダイアログが表示されるので、[OK]をクリックする
push完了ダイアログ
Gitサーバのサイトにあるプロジェクトを確認すると、いつ誰がpushしたのかの履歴が作成されているのが分かる

※注意点
 Gitサーバにpushする場合、すでに他のメンバーがpushしていて、自身のローカルPC上のプロジェクトが最新でない可能性があります。
 そのため、pushする前にpullをしておき、最新の状態にしてからpushするようにしてください。
 なお、ローカルPCのプロジェクトが最新になっていない場合、pushに失敗します。




これで、pullとpushが使えるようになったので、ノーツアプリケーションのソース管理が出来るようになったでしょう。チームで活用すると威力倍増です!
ソース管理の方法に困っていた方は是非覚えてください。

ついでに、XPages Extension Library Japan Projectへの参加もしましょう!
よろしくお願いします。




【PR】ノーツ/ドミノに関するお問い合わせは下記まで【PR】
単純なDBのカスタマイズから他アプリケーションとの連携までご要望にお応えします
Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: