当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2013年2月24日日曜日

XPages Extension Library Japan プロジェクトをご存知ですか?

皆さん、こんにちは。
もうすぐ、Connect 2013から1か月が過ぎようとしています。時間はきがつくと、あっという間に過ぎていきます。取り返しのつかないものなので、瞬間瞬間を大事にしていきたいです。

さて、今日はConnect 2013ネタではありません。・・・が、とても大事なことなので、もう一度お伝えします。

とは言っても、深刻な話ではないので、まずはこちらのボタンを軽くクリックしてから先へ進んでください。
にほんブログ村 IT技術ブログへ




さて、それでは。

タイトルにもありますが、皆さんは「XPages Extension Library Japan プロジェクト」ってご存知でしょうか?
以前にもこのブログ内でちょこっとだけ宣伝したことがありますが、関連記事の中に書いたものなので分かりにくいかな?と思い、今回はこの話をメインにします。


まず、「XPages Extension Library Japan プロジェクト」とは何ものか?
OpenNTF.org の XPages Extension Library を日本に展開するためのプロジェクトです。
XPagesは多くの機能を兼ね備えていますが、それでも機能が不足していることは否めません。
そこでそれを拡張したのがXPages Extension Libraryです。
これは、 OpenNTFというNotes/Dominoの便利ツール(サンプルテンプレートやプラグイン等)をプロジェクト単位で登録してあるサイトです。

皆さんも一度くらいは訪れたことがあるのではないでしょうか?
ただ、残念なことに英語で記述されているのがほとんどなんですね(サイト自体も英語版で構築されていますし)。
となると、私のように「英語を読むのがちょっと・・・」ということで敬遠されている方が多いのではないでしょうか?

しかし、たったそれだけの理由で使うのをやめてしまうのはもったいない!分かれば、もっと便利に使えるのに!XPagesの良さを分かってもらえるのに!
ということで、サンプルアプリケーションを日本語翻訳してみよう!と、立ち上がったプロジェクトなのでした。

実はすでに、2回のベータリリースを行っています。(知ってましたか?)
XPages Extension Library Japanにあります。是非、一度ダウンロードして使ってみてください。

ただし、使っていただくには事前準備が必要になります。

  • Lotus Notes/Domino 8.5.3 + XPages Extension Library
  • Lotus Notes/Domino 8.5.3 + Upgrade Pack 1
  • IBM Notes/Domino 9.0 Social Edition
のいずれかの環境が必要です。
特に、XPages Extension Libraryは、インストール方法が特殊なので注意が必要です。
でも、大丈夫!OpenNTF XPages Extension Library のインストール方法にIBM Championの加藤さんが懇切丁寧に記述してくれています。
こちらの加藤さんは、私と同じようにXPages Extension Library Japan プロジェクトのコアメンバーの一人です。

他にも同じく、IBM Championの吉田さんやネオアクシスの佐藤さん、阿部さんなど、テクてくでおなじみのメンバーも参画しています。
そして、日本IBMからも、佐藤さん、小峯さん、小野さん、祖父江さんと、錚々たるメンバーがそろっています。

このように、従来では考えられなかったような会社という組織を超えた中で、このプロジェクトは進行しているのです。


さて、さきほどこのプロジェクトはXPages Extension Libraryのサンプルデータベースを日本語翻訳してみよう!ということで立ち上がったといいましたが、実際の目的はもっと先にあります。

XPagesは(当たり前ですが)全世界で使われているので、日本では「ちょっと使いづらいよなぁ」というものもあったりします。
そういったニッチな要件を満たすような機能は、なかなか製品に組み込まれることはありません。
そこで、それを実装してみようではないか!というのが本当の目的です。

ただ、いきなりそれをやっても、皆さんがXPagesに対して興味を持っていないのであれば無意味です。
そこで、まずはXPagesのサンプルデータベースの日本語翻訳化から始めよう!ということになったのです。

もっとも、そもそもXPagesの標準機能だって使いこなせていないのに何がExtension Libraryだよ!という方もいらっしゃるでしょう。そんな方に、お勧めのデータベースがあります。Demonstration Application for XPagesです。
こちらは、XPagesの標準機能の実装紹介のような形のデータベースです。
まだ、英語版だけなのですが、

現在、作業中のXPages Extension Library内にある残りのサンプルデータベースの翻訳が完了すれば、こちらのデータベースの翻訳もやってみようということで検討中です。


ソーシャルビジネスということで、こういった活動を今後も続けていきますが、皆さんのご協力がなければ、意味がありません。
是非、ご協力をお願いします。




なお、今回のお話はスライドとしてまとめられていますので、そちらを読んでいただくとより一層わかると思います、





0 件のコメント: