当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2014年1月26日日曜日

今年もやってきました、オーランド

日本のみなさん、こんにちは。
今、私がいる場所の時間は真夜中です(笑)。
それもそのはず、またIBM Connectに参加するために、アメリカ合衆国のフロリダ州オーランドにやってきているのです。

現地時間で1/26-1/31までIBM Connect 2014が開催されるということは、Notes/Dominoに携わっている方ならご存知ですよね。
そのイベントにIBM Championとして参加することにしたのです。

今年も日本IBM様とご一緒させていただきましたが、同行されるパートナー、お客様の数が少ないです(ちょっと切ない)。

集合時刻が日本時間の1/25 12:30 PMで少し時間に余裕があったということや、
また、今年の経由地はジョージア州アトランタでしたが、乗り換えの待ち時間が約4時間もあったために、これといったトラブルはなく、無事にオーランドについたのでした。

(強いて言えば、乗り換えの待ち時間が長すぎて、みなさんへばってらっしゃった(私もその一人・・・)というところでしょうか。


さて、オーランドに無事に着いたのは良いのですが、ホテルに着いたのが、20:45!IBM Connect 2014の受け付けは7:00-21:00と、微妙な時刻!
でも、夜だから人も少ないだろうし、明日以降に受付をすると、面倒(がおきる)だろうということで?
とっとと参加者の受付を行いました。

私は昨年、IBM Championのシールが貰えないわ、ビジネスパートナーなのに、一般ユーザとして登録されてるわ、と散々な目に遭ったので(いずれもきちんと解消していただきましたよ)、今年は受付時によーく自分の目で確認していたので、
ちゃんとビジネスパートナーでIBM Championとして受付してもらうことができました(ワーイ、ヤッター)。

ところが、他のIBM Championのうち、2名がIBM Championのシールをもらえないという事件が発生しました(笑)
もちろん、すぐに「IBM Championなんだよ。シールちょうだいよ!」と言って、貰うことができたので、あっという間に事件は解決しました。
ちなみに、今回の登録時にいただいたものはこちら。
IBM Connect 2014の登録でもらえるもの
なんと、今年はIBMの社員の方は中央のバッグがもらえないんだそう。切ないです・・・でも、あげません(鬼)。



さて、明日(1/26)はBusiness Partner Dayということで、ビジネスパートナー向けのセッションがあります。私もいくつか聞きたいなというセッションがあったので、頑張って聞いて来ようと思っています。

今回は昨年のような新製品の発表がない?ので、自分が知りたい情報をあらかじめ決めておかないと、すぐに終わってしまいそうです。

そこで、私は以下のテーマで今回のIBM Connect 2014に参加しようと思っています。
  • REST Serviceのセッションを受けて、自分の中で不明になっている箇所を少しでも解消する
  • Notes Browser Plug-inのセッションを受けて、 もっと便利な使い方があるかどうかを確認する
  • 今年度のNotes/Dominoのあり方を確認する
  • IBM Championの仲間と交流が持てるようにする
  • (勝手に)師と仰ぐMat Newman氏のセッションを聞いて、自分がセッションを行う時の参考にする?
というくらいでしょうか?

某IBM Championと比べると、いささか目標が小さい気もしますが、いきなり大きな目標を立ててもクリアできなければ意味がないので、これくらいから。ということで許してください。



今年も頑張って、昨年同様に毎日、その日の出来事を中心にブログ記事として公開していきますので、楽しみにしてください。

では、今日はこの辺で・・・(寝ます)。


0 件のコメント: