当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2014年1月28日火曜日

オーランドの一日は長いんですよ

日本のみなさん、こんにちは。オーランドに滞在中の御代です。
この記事を書いている時刻は、現地時間で1/27 23:10過ぎです。日本とは14時間の時差があるため、こんな夜遅くになっています。

さて、本日もIBM Connect 2014の様子について、触れていきます。
今日は初日(昨日はビジネスパートナー向けのみだったので、今日が本当の初日になります)だったので、OGSがありました。
と言っても、日本でも多くの方がLive Streamingで視聴されていたようですね。

ここは現地ならではの視点で振り返ってみましょう。
一応、これでもIBM Championですので、今年はChampion's シートから参加させていただきました。

Champion'sシートから見たステージ
 
Champion'sシートは会場内の中央の前方位置にあります。チームスタジオの加藤さんは昨年もここから参加されていたようで、今年は「せっかく席が用意してあるんだから参加しなきゃダメだよ!」と言われ、「確かにそうですね」ということで、ここに座ったのでした。
ちなみに、日本人の方が集まる場所は会場内前方なのですが、(ステージに向かって)左端なので、若干みづらいのです(それでも、いい場所ですよ!)。

私は英語を勉強中の身なので、まだ翻訳してもらわないと辛かったのですが、幸い日本の方向けに日本IBM様が今年も同時通訳サービスを手配していただいたおかげで、日本語と英語の両方を聴くことができました。
※同時通訳サービスはOGS以外にもいくつか用意されているため、まったく英語がわからなくても、参加して問題ないんですよ。

さて、本題に戻りましょう。
オープニングの演奏を飾ったのは、American Authorsというバンドです。
American Authors

私は洋楽は聞かないのですが、ノリがいい曲で、聴いていて、とても心地よく楽しかったです。
その後のオープニングのゲストスピーカーはタレントの「Seth Meyer」氏(サタデーナイトライブというので人気だそうです)でユーモアたっぷりに喋ってくれました。

今年のテーマは「ENERGIZING LIFE'S WORK」(ライフワークの活性化)ということで、Craig Haymanがそれについて話をしていましたね。

また、新規発表ということで、
  1. IBM Exceptional Digital Experience Next Beta
  2. IBM Web Content Manager for WebSphere Commerce
  3. IBM Marketing Center and Digital Experience Integration
  4. Digital Experience Integration
  5. IBM Kenexa Talent Suite
  6. IBM Survey Advantage On Cloud
  7. IBM Mail Next
  8. IBM Connections Chat
  9. IBM Connections Meeting
  10. IBM Domino Applications in the Cloud
がありました。

このうち、みなさんが気になっていた、IBM Mail Next やIBM Domino Applications in the Cloudについては、アクセル社の岡本さんがセッションを聴いてくださったので、情報をいただきました(感謝です!)私なりにまとめると、こんな感じでしょうか?(直接聴いたわけではないので間違っていたらごめんなさい)
  • IBM Mail Nextは、基本的にはノーツメールの後継である
  • IBM Mail Nextは、Connectionsでも利用されるものと思われる
  • IBM Mail Nextは、SNS的な要素を含んでいるのではないかと思われる
  • IBM Mail Nextの、実際の発売(登場?)は2015年を予定している
  • Domino ApplicationはSoft Layerでの利用となる
  • 標準機能のみであれば、Cloudの利用を推奨する
  • カスタマイズありきであれば、オンプレミスもしくはオンプレミスとCloudのハイブリッドを推奨

IBM Mail Nextのサンプル画面

IBM Mail Nextへと続くロードマップ

さらに続いては、Best of Show and CTO Awardでは、チームスタジオ様が受賞されました。
昨年も確か、何かの部門で受賞されていましたので、2年連続ですね。素晴らしい!
Best of Show and CTO Award

さて、OGSが終わった後は、敬愛するMat Newman氏のセッション(UserBlast)に参加してきました。
相も変わらず、全身真っ黄色の衣装に身を包んで、ノーツクライアントの便利な使い方について説明してくださいました。
私も自身が持っているSurface Pro 2で、再現しながら聞いていました(この日のために、Surface Pro 2を購入したんですよ!!!)
便利な使い方については、後日改めて記事にしますので、お待ちください。


その他、IBM Connect2014に参加しているIBM Championたちと昼食会がありました。
自己紹介をした後(頑張って英語でスピーチしましたが、直前に話しかけられて、全部すっ飛びました・・・)、テーブルごとにIBMの社員とディスカッションを行いました(時間と英語力の関係で、ほとんどディスカッションには参加できませんでしたが・・・)。


Showcaseでは、グループスケジュールを扱っている「TIMEFLEX」の説明を聞いてきました。
おもしろかったのは、busytime.nsfを操作しているのではなく、直接メールのスケジュールを操作しているというところでしょうか。(オフラインでも使えるといっているので、実際には間にノーツDBが関与していると思います)


そして、最後にIBMの方やBusiness Partnerの皆様と一緒にDinnerを楽しんできました。

明日以降もまだまだ多くのセッションがあります。
あまりにも盛りだくさんすぎて、全部紹介できるかどうかわかりませんが、お楽しみに?


では、今日はこの辺で・・・(明日の朝はChampionたちと朝食会なので、早く寝ないと・・・)




0 件のコメント: