当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2015年1月25日日曜日

ホリデーインに気を付けて!

日本のみなさん、こんにちは。
この書き出しで始まるということは・・・
はい。3年連続でやってきました、アメリカ合衆国はフロリダ州オーランドです。

IBM Champion for ICSでいられることができたので、今年も渡米許可を上司に頂き、IBM ConnectED 2015にやってこれたということです。

今年は残念ながら、日本IBM様のツアーはありませんでしたので、IBM Championの加藤さん、田付さん、阿部さん、そして日本IBM様の鴨志田さんと一緒に成田空港からこちらへとやってきました。

今回は成田空港 -> テキサス州ダラス/フォート・ワース国際空港 -> オーランド国際空港
という形での旅でした(オーランドまでの直行便がないため、このような形にしています)。
成田からの飛行機の出発時刻が11:30で、そこから11時間(!)かけて、ダラスまでたどり着きました。ダラスでは飛行機の乗り継ぎがなんと1.5時間しかありません。
しかも、到着ロビーと出発ロビーの間は15分くらいかかります。

さらに、米国への入国手続き(ダラス空港はとても大きい空港で、入国審査に時間がかかることが予想されていました。事実、一昨年はこれだけで1時間以上かかっていたのです(汗))や、荷物の受け渡しがあるため、実は「間に合わないのではないか!?」という微妙な焦りがメンバーにはありました。

ところが、降りてみたら、思っていたよりも待っている人が少ない・・・あれ?これはラッキーだぞ!
と勢いよく進んでいったら、入国審査の場所に係員がいません。???
受付の方がいて、「ESTAで登録している人は、先に進んでいーよー」と(いうようなことを)言っています。
みんな、???という顔をしながら先に進むと、入国審査用の端末があるじゃないですか。
それも、10台以上!!!

そうです。端末を使って、パスポートを読み取り、さらに指紋採取、顔写真の撮影をしたらそれで終わり!という。
えーっ・・・すごいなぁ。世の中進んだなぁ。というのが実感できました(笑)

しかし・・・その先へ進み、機内に預けた荷物を受け取ると(乗り継ぎの飛行機には自分で預けます)、そこで簡易的な入国審査が・・・
んー・・・意味あるのか???
とにもかくにも、ダラスでの乗り継ぎはスムーズに進み、1時間ちょっと過ぎたところで出発ロビーにたどり着くことができました。

そこからオーランドへは、2時間半です。11時間に比べると短く感じますが、日本国内で2時間半も飛行機に乗ることはないですよね?十分、長旅です(笑)。

そうはいっても、もう、この飛行機に乗ってしまえば、「ナッツリターン事件」でも起きない限り(!)、オーランドにたどり着かないということはありません。
ということで、無事にオーランドにたどり着くことができました。


じゃぁ、ホテルに行こうかということで、その後、ConnectED 2015のレジストレーションを済ませたいので、ホテルに荷物を置いてすぐにホテルスワンに向かおう!となりました。

今回、我々が予約したのは「Holiday Inn Orlando - Lake Buena Vista」というホテルです。
いえ・・・その「はず」でした。
そこへと向かうタクシーの中で事件は起こりました。

この「Holiday Inn Orlando」ですが、前述の「Holiday Inn Orlando - Lake Buena Vista」のほかに「Holiday Inn Resort Orlando - Lake Buena Vista」という似た名前のホテルがあったのです!!!
ここまで書けば、察しの良いみなさんにはお判りでしょうが、
メンバー内で別々のホテルを予約していたという事態が発生していたことがわかったのです!!!

加藤さんと阿部さんは「Holiday Inn Resort Orlando - Lake Buena Vista」に、田付さんと私は「Holiday Inn Orlando - Lake Buena Vista」に宿泊予約をしていたのです(IBMの鴨志田さんは、また別のホテルでした)。

さすがに、今からホテルを変えるわけにもいかず・・・
とりあえず、ConnectED 2015の会場であるホテルスワンで行動を共にしようということで落ち着いたのでした。

複数人でホテルを予約する場合、ホテルの正式名称をよく確認しましょう。住所や電話番号まで確認しておくと、我々のような過ちを犯すことはなくなるでしょう(笑)。


さて、実際にオーランドに着いたのは、昼の1:00頃ですので、ConnectED 2015のレジストレーションは昨年のように焦ることなく、終了。
今年もIBM Championのリボンをつけてもらうことができました。
今回もバッグをいただくことができました。その他、セッション一覧の資料ももらえました。
さらに、IBM Championが参加できる(というか参加しろと言われている)Leadership Alliance 2015というカンファレンスがあるので、そちらの受付も済ませました。バッジが別々なんですね。
こちらにもIBM Championのリボンがついています。

ConnectED 2015の受付でもらえたもの

ということで、明日(25日)から28日までConnectED 2015が開催されます。
今回の目玉は何といっても、IBM Verseですね。
具体的な機能はどういうものなのかがわかれば嬉しいですね。

その他にも、今後のNotes/Dominoはどうなっていくのかといったセッションもありますので、そういったものにも目を向けていきたいと思っています。

例年より1日少ないためか、セッションが詰め込まれており、どれを聴けばいいのか悩ましいところではありますが、あまり期待せずに情報をお待ちください。



では、今日はこの辺で・・・

0 件のコメント: