当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2015年1月26日月曜日

今日はプレセッションなので・・・

みなさん、こんにちは。
オーランド滞在二日目が終了しました。現地時刻で0:25です。
もう寝ないといけないのに(明日は8:00からOGSです。起きれるかなぁ・・・)、まだブログを書いていませんでした。

敬愛している某チャンピオンが「飲まずにはいられない!付き合ってください!」と懇願していたので、さすがに断るわけにはいきませんでしたので、こんな時間になってしまった次第です。
という言い訳は、みなさんには関係ないですね(笑)


さて、滞在二日目の話についてです。
チャンピオンであるチームスタジオの加藤さんがすでにIBM ConnectED 前哨戦始まる でも書かれているように、本日は「Leadership Alliance」というものに参加してきました。
こちらのセッション内容については、非公開にするようにとのお達しがありましたので、私も書くことはできませんので、ご了承ください。
IBM Championになると、こういう特別なセッションにも呼んでもらえるんですね。なかなかない機会ですので、これを一つの目標としてIBM Championを目指していただくのもよいでしょう。

KeyNote Sessionに参加した後、IBM Championの義務(???)として「IBM Champions “Meet & Greet”」というセッションに参加することになっていたので、参加してきました。
"Meet & Greet"ということなので、各国のチャンピオンたちと話ができるかなぁ?と期待していたのですが(昨年も同様の集まりがあり、そこではしっかりと恥をかいてきたので、少しは挽回せねば!と力んでいました(笑))・・・
IBM Championたちがチーム分けされて、そこであらかじめ決められていたテーマに従って、簡易ディスカッションをさせられました。と言っても、思ったことを付箋紙に書いて、ボードに貼るだけという
なんかどっかでやったなぁ・・・そうそう、テクてく 2014年10月度コミュニティー編でやったワールドカフェ形式のディスカッションをさらに簡易的にしたものに近かったです。
これをIBM Championたちでやるのは勿体なくないか???と思ったのですが、まだそれ程喋れない私にとっては、なんとなく参加した感は得られました(笑)
加藤さんは田付さんなどの英語が達者な人たちにとってはちょっと退屈だったかも???


さて、その後はLeadership Allianceに参加した人だけが参加できるランチ会場でランチを食べてきました。
ここにも各国のチャンピオンたちが当然集まりますので、そこで数名のチャンピオンと談話をすることができましたので、良かったです。



午後からはマスタークラスのセッションがありました。
実際にはWelcomeパーティもやっていませんので、プレセッションになります。
さすがConnectED 2015。休む暇を与えてくれません。まさに苦行です(笑)

この午後のプレセッションですが、IBMの方と各国のIBM Championの方がペアになって講師をやっていました。最後のMat Newmanのセッションはさすがに違いましたが、その前の3つは確かそうだったと記憶しています。
昨年まではこんなセッションはなかったと思っているので、この辺もちょっと変わったのかな?というところです。
IBM Verseのセッションもあったのですが、概念やベータ版の動作についての話程度で、詳細は明日以降に持ち越しかなぁ???という感じでした(実は私が聞き逃しただけ?)。

また、「IBM Domino Applications on Cloud」というセッションでは、on Premis、IaaS、PaaS、SaaSの違いをピザの注文の仕方?にたとえて話していたのが笑えました。
ピザにたとえた図

左から、on Premis、IaaS、PaaS、SaaSだそうです。
外国人の考えることは私には理解できません(笑)。それとも、この例えって有名なの?
ちなみに、実際には下の図のような形らしいです。

クラウドサービスの図





そしてMat Newmanのセッション「#UserBlast 2015」ですが、相変わらずの人気でした。
面白かったのは「全文検索ネタ」です。
60,000文書6.0GBのメールDBから「one two three」という文字を含むという検索を行うのにどれくらいの時間がかかるのかを実演してくれました。
実際に1秒もかかっていません(コンマ1秒とかそういう感じです)。
その後、文書の中にあった添付ファイルを開いて、検索結果が正しいことを証明してくれました。
全文索引のやり方



ということで、本日のセッションはなんとか終了しました(実は時差ボケでほとんど聴いていませんでしたが・・・でも、プレセッションだから許して)

そして、Welcome Receptionへと移り、そこで日本から来たみなさんと楽しく食事をしました。
その様子は私のfacebookに写真付きで投稿してありますので、そちらをご覧ください。



といったところで本当に寝ないと、それこそ明日のOGSで失態を犯してしまいそうなので、今日はこの辺で終わります。

では・・・

0 件のコメント: