当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2015年1月29日木曜日

クロージングセッションにて・・・

みなさん、こんにちは。
ついに最終日を迎えてしまいました。
この記事を書き始めている時点で、残るはクロージングセッションのみです。
毎年、サボっていたので、今回はしっかりと参加してきます。
IBM Championの集合写真もあるらしいので、なおさらです。
 →無事に参加できて、集合写真に加わることができました!!

さて、本日はセッション数が少なくなっており、また参加者も1/4くらい?帰ってしまったようです(もっと残ってるかな???)

私はといえば、疲れがたまってきており、少々辛い状態になっています。
んー、帰国日が金曜日で良かったです。週末のうちに治してしまわないと。


参加したセッションは、「App Throwdown Winner's Circle」と「IBM Verse Partner Enablement Session」と「Ask the Developper」です。

最初のセッションは、Business Partnetのアプリケーション紹介で、rivaという会社のCRMとNotes/Domino連携、Trilog GroupのDarwinoというモバイル連携のレプリカインフォメーションソフト、S2Kという会社のConnections拡張等が紹介されました。

個人的に気になったのは、Darwinoですね(Notes/Domino関連にしか興味がないとか言わないでください・・・)。
下図に示したようにモバイルデバイスにノーツDBのレプリカのようなものを作って、自動連携ができるような感じでした。
まさか、モバイル端末にノーツDBは作れないでしょうから、どのようにデータを格納しているのか気になるところです。
想像としては、RESTやDXL等を使って、XML形式でデータを作成して格納しているのではないか?という話をしていました。
Darwino

ちなみに、デモでは、モバイルアプリでPlane Mode(機内モード)にした状態でメッセージをPOSTして相手にはまだ届いてないよ。として、Plane Modeを解除したら、即時に連携して、相手にメッセージが届くというものをやっていました。

モバイルにXML形式で格納するというのは、盲点だったので、今後のアプリ開発の参考になるかな?と思っています。

その後の、IBM VerseのセッションはBP向けということでコンフィデンシャルな内容が多分にあったのと、機能については特に目新しいものはありませんでしたので、割愛いたします。

そして、Ask the Developper。
毎年期待しているのですが、 今年はここでダウン・・・
ほぼ聴けてないです。最初の質問者が「ロードマップを示せ!」というのは分かったのですが、やたらと長話をするので、困ったものです。
その他の質問者も前置きが長いんですよね。MCの方が「シンプルな質問をしてください。できれば、Yes/Noでこたえられるものにしてください!」と言っているにもかかわらず、あーだこーだと質問をしています。
何なんでしょう・・・


その他、空き時間に再度、Meet the Developperの部屋に行って質問をしてきました。
業務上、メールのデータ構成に興味があったので、そのあたりの質問をしてきました。
さすがにこちらの内容は非公開にさせていただきます(汗)←じゃぁ書くなって?ごもっとも。


最後はクロージングセッションです。
例年ですと、ゲストの話をして、来年はいついつに開催するよ!というアナウンスがあるのですが・・・
なんと・・・ありませんでした。
どうも、まだ来年については未定のようです。
来月以降に発表するようですので、どんなイベントになるのかを考えながらお待ちください。


なお、IBM Championが集合した写真はこちらです。
無事に昨年のリベンジができましたとさ。
2015年度のIBM Championsが集まっての集合写真

今回のレポートはこれで終了です。
明日は早朝に出国して、日本に帰国します。
本来なら反省レポートがあるのですが、来年の開催が決まっていませんので、今回は書きません。


では、詳細なレポート(宿題)の発表は、2月25日のテクてくロータス技術者夜会で行いますので、またその時にお会いしましょう。

0 件のコメント: