当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2015年1月27日火曜日

OGSなのかなぁ・・・

こんにちは、オーランド時刻で22:10です。
さすがに滞在三日目ともなると、みんなグロッキーになってきています。

私もかなりグロッキーなので(実際、昨夜はほぼ寝ていません・・・初めてだよ、こんなこと)、内容はあまり頭に入っていません。

さて、本日のオーランドは雨で始まりました。割と激しく降ったので、今日は一日雨かなぁ・・・と落ち込んでいたのですが、オーランドには強烈な晴れ男/女がいたようで、10:00過ぎにはすっかり止んで澄んだ青空になっていました。
素晴らしい!
晴れたオーランドの空

本日はオープニングゼネラルセッション、いわゆるOGSが開催されるということで、いよいよIBM ConnectED 2015が始まるぜ!と、そして、聴講場所も日本IBMの臼井様が特等席を日本メンバーのために確保していただき、これはテンション上がるぜ!!

と思っていたのですが・・・
突然、始まってしまいました。
例年であれば、アーティストが数曲、演奏してくれて、さらに盛り上げてくれるのですが、なんとそれがありませんでした。
私は、普段洋楽は聴かないのですが、生演奏はさすがに胸に響くものがあるので、結構楽しみにしていただけにちょっとげんなりしました。

ともあれ、Jeff Schick氏の登場で基調講演は始まりました。
最初にアジェンダを発表した後、ノーツ25周年おめでとー!となったのですが、
私は日本で有志とすでにノーツ25周年パーティを終わらせていたので、ここでも「え?今更?昨年の12月に終わらせたよ!」と、さらにげんなりしてしまいました(笑)

そして、IBM Verseのデモが始まりました。
昨年のIBM Connect 2014では一枚の写真だけ。そして、7月のweb castでは数枚のスライドだけ。という状態で、果たして、本当に動くのかしら???とドキドキしながら見ていました。

結果は・・・
素晴らしい!普通に動いているじゃないですか!しかも、Webブラウザだけではなく、携帯端末(たぶん、iPhoneでしょう)でも、デモをしてくれました。
まさか、こんな短い期間でこれだけのものが出来上がったのは本当に感動しました。
顔写真にマウスカーソルをあてると・・・

顔写真アイコンにマウスカーソルをあてると、その人に対してのアクションアイコンや簡易ビジネスカードのようなものが表示されます。リリース時にもこの形なのか、もっと詳細情報を出せるようになるのかは不明ですが、なかなか期待が持てそうです。

モバイル端末でのIBM Verse

こちらは携帯端末での画面です。
カレンダーですが、きれいにデザインされています。

その他、IBM Connections Nextの画面も一部表示されました。IBM Verseに合わせたようなデザインになっています。というよりもIBM Verseがデザインを合わせたんでしょうね、きっと(笑)

Connections Nextのホーム画面?

画面最下部にあるスケジュールはIBM Verseと同じものを使っていると話していました。

他には、IBM Verseのトライアル権をIBM ConnectED 2015来場者全員にあげるよ!という嬉しい通知もありました。
これは早いところ使ってみたいです。
※後で、日本IBMの人と一緒に担当者の方にお話をお伺いしたところ、2月以降に連絡をしてくれるよとのことでした。なお、いくつかの制限事項があるようで、好き放題に使えるというわけではなさそうです。

OGSのその他の内容については、IBM Championの方がブログで書いたり、現地の参加者が「#IBMConnectED」というハッシュタグ付きで呟いていますので、そちらを探して読んでみてください。こちらにいる雰囲気を味わいながら、情報収集をすることができます(笑)


午後のセッションでは、「IBM Domino - 2015 and Beyond」というものに参加してきました。
今年に予定していることが聴けるはずですので、何が出てくるかなぁ?と行ったところ、
1時間のうち、45分は昨年(2014年)の振り返りという・・・えぇ、後悔と反省は必要です!

で、肝心の今年の予定ですが・・・
  • メールヘッダでRFC2231をサポートする
  • NIF(ノーツDBのビュー情報)をNSFから分離して外出しにする
  • MSのWinmail.dat形式をサポートする
  • XPagesでのフィールドの暗号化および署名をサポートする
というものでした。実は私は全部関係しているものなので、嬉しいやら大変やらという思いです。
全部、検証しなきゃいけないのか・・・んー、時間が・・・


また、セッションを聴かない時間がありましたので、テクてくで無茶ぶられたIBM Verseの宿題について、「独りで」IBMのデモコーナー(ラボではない)に突撃取材を敢行してきました。
聞いた内容は以下の通りです。
  • 代理アクセスの可否
  • ネームピッカーの有無及び漢字対応
  • 社外のe-mailゆーざとやり取りした場合の顔写真アイコンの扱い
  • 個人アドレス帳の有無

他にもいくつかあったのですが、ガラスハートの私は、拙い英語でこれ以上、質問するのを躊躇い、後日ラボにて再挑戦すると心に決めたのでした。
っていうか、DJXなんてこっちの誰が知ってるのさ!?
IBMの方は、一生懸命聴いてくださり、私の話した内容をさらに英訳してくれました(笑)まだまだ勉強が必要です。

なお、回答については敢えてここでは載せません。
2月度のテクてくロータス技術者夜会で発表とさせていただきます(テクてくでの宿題ですからね~。知りたかったらテクてくに来てくださいっ!)

ちなみに、取材中の私が撮影されていましたので、写真をアップ。
しどろもどろな英語で質問中





夜は、「Business Partner Reception at ConnectED 2015」がありましたが、どこぞでノーツ25周年のTシャツがもらえるよ!との情報を日本IBMの方が仕入れたようで、これはぜひ入手せねば!と十数名で乗り込んでいきました。

どうも、各国のIBM ChampionおよびSocial Biz Gのメンバーが独自に作ったもののようで、ゲームに参加して勝ったらあげるよ。という感じでした。
私は日本IBMの佐藤様とIBM Championの田付様との3人で1チームになり(3人1チームがルールだったのです)、各種ゲームに挑みました(ジグソーパズルは他のチームが苦戦していたので、無理やり助っ人に入り(笑)ましたが、惜しくも敗れてしまいました。
その後、Mat Newmanが出題するノーツオタククイズの5問勝負に挑みましたが、こちらも惜しくも敗れてしまいました・・・
クイズはこんなの。
1.Lotus travelerの登場以前にモバイルでメールを受け取るアプリがあったが、そのアプリの名前は?
2.ノーツ 4.6のバージョン情報に表示されている人の名前は?
3.ノーツ5.0のイースターエッグで「i am superman」と入力した後、Notesのどの文字をクリックすると、イースターエッグが発動する?
4.Irisが設立された日付はいつ?
等々

こんなもん、誰がわかるんでしょうか?
わかったあなたはワールドワイドクラスのノーツオタクです(笑)


しかし、どうしてもTシャツをあきらめきれない私たちは無理やりお願いして?無事にゲットできました(笑)
Tシャツを着てご満悦


そして、Tシャツをゲットできなかったメンバーを追いかけてBP Recepition会場へと行き、みなさんと談笑した後、ホテルへと戻ってきました。

明日も8:00からセッションがあります。
こちらの内容もできる限りお伝えできればと思いますので、今日はこの辺で終わりとします・・・


6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ゲンナリな内容かと思いきや一転して感動やチャレンジに挑む御代さんはやっぱり我らのチャンピオンです。遠く日本から応援しています。
ViewがNSFから外出しにできる機能は、文書数やサイズが大きいDBの破損が減るんじゃないかととても期待できますね。
明日もレポートを楽しみに待っています。体調に気をつけて頑張ってください。

Masahiko Miyo さんのコメント...

コメントありがとうございます!
こちらに来て、英語が話せないから・・・とうだうだしているよりは、話した方が得だ!と実感しています。

NIFの分離については、細かいところまで聞き取れなかったので、単なる紹介になってしまいました。他にも聴いていうる人は多数いらっしゃいましたので、どなたかが紹介してくれるのではないかと期待しています(笑)。
折り返しを過ぎましたので、あと少しだけ頑張ります!

元祖イケヤマくん さんのコメント...

NIFの外だしねぇ、DAOSみたいに既存のAPIから見るとローカルにあるように見えるようになる(上のレイヤーの人は意識しない)実装になるのかな?
当然ODSは変えてくるんだろうけど。
ビューキャッシュも外だしになるのだろうけど
なにか想像以上のメリットがあるかな?

Masahiko Miyo さんのコメント...

元祖イケヤマくん さん
コメントありがとうございます。
そうですね。利用者がそれを意識するような実装にはしないでしょう。
思いつくのは、バックアップ対象のサイズが減るとか???
後は、DBに対するサーバーコマンドが速くなるとか???
全部、想像です・・・あしからず。

小島 さんのコメント...

敢えて記載しなかったという、IBM Verseの宿題の回答、次回のテクてくLotus技術者夜会で楽しみにしてます!!

Masahiko Miyo さんのコメント...

小島さん、コメントありがとうございます。
テクてくの宿題の返事をここでさらすわけにはいかないですよ(笑)
テクてくに是非来てくださいね!
2/25(水)ですよ!