当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2015年5月21日木曜日

「OnTime OpenAPI 活用ワークショップ」に参加してきました!

皆さん、こんばんは。こんな時間ですが、こんな時間だからこそ、ブログの更新です(笑)。

5/19~5/20にかけて行われたIBM XCITE SXPRING 2015はいかがでしたでしょうか?
私の会社は残念ながら出展できるようなものがありませんでしたので(私自身を売ってますので(笑)…お仕事の依頼、お待ちしてま~す)、IBM Verseの詳細調査と、Notes/Dominoの関連製品の調査という形で参加してきました。
私は、その中でもNotesのスケジュール/カレンダーを強化してくれるというOnTimeが好きなのです(もちろん、他の製品も好きですよ)が、そのOnTimeを「さらに」便利に使えるようにできるというワークショップが開催される!ということで、参加してきました。


主催はアクセル様で、場所は東京は新宿駅付近の東京オフィスでした。
今日は、その内容について簡単にご紹介を・・・と思ったのですが、そもそも、Notes/Dominoユーザの皆さんは、OnTimeはご存知ですよね??

ご存じないという方のために、製品説明を・・・と思ったのですが、
すでに他の方がブログでたくさん紹介してくださっていますので、そちらの方をご覧ください。

OnTime Group Calendarを試してみよう!
全部で37もの記事になっていますが、その分、製品説明がしっかり出来ています。


そんなOnTimeですが、なんとまぁ外部から操作するためのAPI群が用意されているというじゃないですか。
今回は、そのAPIの基礎から使い方について、開発元のIntraVisionから講師が来てくださいました。
講師はなんとIBM ChampionMikkel Flindt Heisterberg氏です。


OnTime のAPIはデモサイトがあり、そこからAPIの動きをトレースすることができるんですね。
このAPIはJSON形式のデータでやり取りをしています。
・・・つまり、REST APIを使っているのですね。
ブラウザから動作確認ができるというのもその証拠の一つでしょう(デモサイトのページを見ると、リクエスト用のURLが出ていますし、レスポンスはHTTP Statusを使っています)。


面白いという便利なのが、OnTimeはユーザの識別をするのにTokenを用いています。そのため、Dominoのセッションが切れたとしても、Tokenが生き残っていれば、そのまま処理を継続することができるというものです。Tokenの有効期間はデフォルトで24時間ですが、強制的に無効にすることもできるなど、セキュリティ面も考慮されています。


このAPIを使いこなすことができれば、Notes/Dominoのカレンダー情報を外部から操作・分析とかできそうですね。
なお、JSONでのやりとりとなれば、私が今までこのブログでもお伝えしてきた「XPages」との連携も簡単に行えそうです!
ということで、次回はXPagesからOnTime APIを呼び出すということに挑戦してみましょう。
出来るかな?どうかな?できたらすごいですよね!




こうやって、自分で自分の首を絞めるのでした・・・
期待しないでお待ちください。

では今日はこの辺で・・・(

0 件のコメント: