当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2015年7月30日木曜日

Windows 10でNotes/Dominoはどうなった?

こんにちは、今日は7月30日・・・あれ?もう、7月終わりじゃないですか!?
7月の終わりと言えば・・・そうですね。
Windows 10がリリースされましたね。

今回は、リリース後1年間に限り、無償でバージョンアップができるということで、ちゃっちゃとアップデートしている方が大勢いらっしゃるようです。
そこで、私もその波に乗るべく、大事な大事なSurface Pro 2をWindows 8.1からWindows 10へとバージョンアップさせてみました。

ただ、それだけでは面白くもなんともないので、Notes/Dominoが果たして正常に動作するのかの検証も併せて行ってみました。

ちなみに、Windows 8がリリースされたのが2012年10月26日ですから、約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなります。
その時の記事は、Windows 8 にLotus Notes 8.5.3 をインストールしてみたですので、参考として一緒に読んでもらえれば幸いです。

では、スタート!
なお、アップデート手段はマシンによって若干の差があると思いますので、そこはご了承ください。

まずは、タスクバーに表示されている「Windows 10を入手する」のアイコンをクリックして確認します。
Windows 10を無償で入手する手順

通常であれば、自動で通知が来るそうですが、来なかったので色々と確認してみたところ、
Windows Updateを実行したら、「Windows 10にアップデート」という表示が出ているではないですか!
Windows Update

早速、[はじめに]をクリックしましょう。
すると、Windows 10のモジュールのダウンロードが始まりました。
2713.2MBもあるの!?でかすぎでしょ。まぁ、今どきは光回線が普通なのでしょう。
私のSurface Pro 2君はWi-fi接続しているのですが、先日無線ルータを新調したのでそこそこ速くなってます。良かった良かった♪
ダウンロード開始

そうこうしているうちにダウンロードが終わったようで、インストールの準備に入ったようです。
ここまでは、3分少々で進んだので、めちゃくちゃ早かったです。
実は事前にダウンロードしてあったのか?というくらいです(でも、そういったものは見つけられませんでした)。
インストールの準備をしています

ですが、案の定、ここからが長かった。なかなか、先の画面に進んでくれません。
25分くらいしたところで、ようやく「それでは、アップデートを開始します」というダイアログに変わってくれました。
「ライセンス条項」が書かれているので、一通り読んで[同意する]をクリックします。
それでは、アップグレードを開始します

すると、今度は「アップグレードは時間がかかるから、コンセントに電源をさして作業してくださいね」というメッセージが表示されます。
そんなもん、分かってるから早くしろよ!という気持ちを抑えつつ、[今すぐアップグレードを開始]をクリックします。
ちなみに、今はその気じゃないんだよなぁ。という場合は、アップグレードを先延ばしすることもできるようです。
アップグレードをインストールできます

この後、Surface Pro 2が再起動した後、アップグレードがインストールされました。
進捗率は円グラフのような感じで表示されたままだったので(数字の信ぴょう性はともかく・・・)、いつ終わるかなぁ、途中で失敗しないよなぁ。とドキドキしつつ待つこと30分強。

なんとかアップグレードが成功したようです。
ログイン画面が表示されたので、パスワードを入力して、デスクトップ画面を表示させます。
ログイン画面

Windows 10のデスクトップ画面

・・・変わんねー。って思ったけど、よく見るとタスクバーのところが全然違います。
アイコンの大きさが小さくなってます。
さらに、Windowsボタン?の左の部分に「WebとWindowsを検索」という入力ボックスがあります。
邪魔だよ!と思ったので、検索アイコンを表示するように変えてやりました。ふふんっ。


さて、ここで天の邪鬼な私は、Windows Updateを実行してみました。
まぁ、リリースされたばかりだし、まさかとは思うけど、念のためね(笑)みたいな感じで・・・
えぇっ!もう、更新プログラムがあるじゃん!それも2つも!!!
はやっ!
Windows Update(2つの更新プログラム)

仕方がないので、インストールしておきました。
早いことは良いことだ!とは言いますが(そうなの?)・・・早すぎねーか?


で、Windows 10そのものについてですが・・・
他の人が書いているブログやMicrosoftのサイトを参考にしてください。
正直、Surface Pro 2くんではどうでも良いです(笑)

私の目的は最初に書いたようにNotes/Dominoがどう動くのか!ですから。

ということで、まずは、予めインストールしてあったIBM Domino 9.0.1 FP4をサービスとして起動してみました。
IBM Domino 9.0.1 FP4

画面はIBM Domino Consoleのものです。「サーバーが応答しません。」とかエラーが出てますが、正常です(このサーバーを起動していませんから)。
それ以外では特にエラーも発生していませんので、問題なく動作していると言って良いでしょう(もっとも、IBMのサポート対象外ではありますが)。

IBM Notes 9.0.1も正常に動作しています。
ノーツDBも普通に開きますし、XPages in Clientも動作しています。

なお、Windows 8の時にあったメニューからIBM Notes/Dominoが消えてしまった!という現象は発生しませんでした。
しっかりと、メニューの「すべてのプログラム」の中にありました。良かった良かった。
すべてのプログラム

そういえば、XPagesと言えば、ブラウザからも動作するのでしょうか?
ということで起動させてみました。

せっかくなので、Microsoft Edgeで動かしてみました。
動かしたXPagesアプリケーションは「XPages版ワークスペース」ならぬ「Domio~n」です。
Domio~n(XPages版ワークスペース)

こちらは、ワークスペース(っぽいもの)をXPagesで実現したアプリケーションです。
アイコンをダブルクリックすると、指定したノーツDBが開きます。
ドラッグ&ドロップで、アイコン同士の並べ替えもできます。

アプリについて詳細を聴きたいという方は、ご連絡いただければ、ご訪問して説明いたします。


駆け足になってしまいましたが、Windows 10では、大きな問題もなく、IBM Notes/Domino 9.0.xは動きそうです。
XPages in Bluemixも使えるようになったことですし、ますます新しい環境での動作が増えてくるのではないでしょうか。
私もBluemixはやらないといけないですね。



では、今日はこの辺で。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

R8.5.3も動きますよね?w 謎のミヤシタより

Masahiko Miyo さんのコメント...

謎のミヤシタさん、コメントありがとうございます。

8.5.3が動くかどうかの検証はしてないですね。

Windows 8がリリースされてすぐにLotus Notes 8.5.3を動かそうとした時にうまくいかないことがありましたので(Windows 8 にLotus Notes 8.5.3 をインストールしてみたを参照願います)、ちょっと怪しいですね(笑)

なお、正式なサポートについては、
Supportability Q&A about Notes and Windows 10を参照願います。