当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2016年2月4日木曜日

The Final Day of IBM Connect 2016

みなさん、こんにちは。
オーランドは今日も天気が良いです。
IBM Connect 2016最終日の朝

今年は天候に恵まれて、会期中はたいへん過ごしやすかったです。
Hilton Orlandoの中も、日本人を意識したのか(そんな訳はない(笑))、Swan and Dolphinよりも暖かく(といっても、普通に「涼しい」という感覚です。Swan and Dolphinは寒い!の一言です)、外に出たり、中に入ったりするのに、上着を脱いだり羽織ったりする必要がないくらいでした。


さて、今日(現地時間で2016年2月3日)でIBM Connect 2016も終了となります。
と言っても、午前中は普通にセッションを受けてきました。
お馴染みMat Newmanの「#UserBLAST 2016」と「Building Responsive Application Using XPages」と「Real-time Video Chat XPage Application Using Websocket and WebRTC」の3つです。

いずれのセッションも濃い内容で有意義に聞けました。

個人的に気になったのは「Building Responsive Application Using XPages」ですね。
レスポンシブデザインということで、Webブラウザの横幅に合わせてコンテンツの表示方法を動的に変更してくれるというものですが、
これを実現してくれるBootstrapがXPages Extension Libraryに組み込まれるというものです(というか、組み込まれていて、すでにリリースされています)
XPages Extension Library

昨日(2016/2/2)にリリースされたばかりの901v00_16.20160128-1014版では、Bootstrarp 3.3.6とBootstrap 4 alpha 2が実装されているとのことです。
BootstrapとExtension Libraryの実装関連図

ただし、Bootstrap 4はalpha版なので、使用には十分注意が必要です!とのことでした。


まだ、なんとなくでしか、Bootstrapを理解していないので、これを機に勉強しなおそうと思っています。サンプルアプリをこのブログで紹介できればいいですね(なんか、こういうの多そうだな・・・全部できるかな?)



「Real-time Video Chat XPage Application Using Websocket and WebRTC」のセッションでは、Dominoサーバにwebsocketを実装して、それを使ってXPagesアプリケーションを作成できるというものでした。
アプリケーションとしては、セッションタイトルにあるように「テキストチャット」「ビデオチャット」や「オンラインゲーム」や「オークションサイト」などにも応用できるんじゃないのかな?という話でした。

ちょこっとだけ画面ショットを。
WebSocket APIでのwebsocketの定義方法について説明があったので、それを載せます。
WebSocket Constructor

実際のデモでは、Webブラウザを2つ起動した状態でのお互いのブラウザでテキストチャットをしたのと、PCとスマホでのビデオチャットでした。
特にビデオチャットは、WebRTCの機能を利用していて、クライアント同士が直接やり取りをしているというのが分かるデモでした。
それぞれの用語の説明はWikiに詳しく出ていますのでそちらを参照願います。
WebSocket
WebRTC


この後、お昼をはさんで、「Ask the Developer」と「Closing Session」がありました。


Ask the Developerでは、いつものように開発陣を前にして質問する人、言いたいことだけ言って去っていく人、色々いました。
まぁほとんど聞き取れなかったんですけどね・・・Node.jsのようなみんなが使っているものをNotes/Dominoに取り込むようなことを考えてほしい。みたいなことを言っている方がいたのが印象的でした。


クロージングセッションでは、昨日のブログで発表したようにLIFETIME IBM Championが表彰されました。
そして最後に「来年も会いましょう!」という発表がありました。
日時や場所のアナウンスはありませんでしたが、何も触れずに終わった昨年の絶望感に比べたら、あぁ!また来年も開催できるんだ!という喜びの方が大きかったです。


そして、終了後に、IBM Championsが全員壇上に登って記念撮影をしました。
IBM Connect 2016に来場したIBM Champions

この時ばかりは、嬉しくて輪の中に飛び込んでいくのでした(笑)







会の終了後は、ジャパンディナーがありました。
ギリシャ料理のお店に行ったのですが、そこのうるささと言ったら・・・
隣の人と話ができないほどでした(笑)
もう、ここはないですね。

そんなうるさいお店の中でも(中だからこそ?)、参加者のみなさんと大声で話をしました。
そこで、日本のIBM Championなんだからもっと頑張ってくださいよ!とNotes/Dominoでちょっとコネタでお馴染みのISEの村上様に激励をいただきました。

ということで、今更ながら今年(2016年)の抱負です。
2016年6月末までに、本ブログにおいて英語で書いた記事を1本執筆します!当然、いつもやっているブログ書いたよ。のアナウンスも英語で行います!
(記事は、日本語版と英語版の記事を用意する予定でいます)
どんな内容のものになるかはこれから考えます。


ということで、来年もオーランド(なのかな?)に来るために、(いや、お客様とNotes/Dominoを盛り上げるためにですな)、今年も頑張っていきましょう!


それでは、今日はこの辺で・・・


Notes/Dominoで困ったことがあれば、弊社にお問い合わせください。
IBM Championの私が承ります! 
お問い合わせはこちらから→Lotus Notes/Domino カスタマイズとセキュリティ強化 - 株式会社エフ

0 件のコメント: