当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。
記事そのもののリンクについてはご自由に行っていただいてよいです。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2016年2月3日水曜日

What's New???

日本のみなさん、こんにちは。
オーランドは熱いもとい、暑いです。
朝は濃い霧がかかっていましたが、午後になるころにはすっかりと晴れ渡っています。

昨日、OGSを迎えたIBM Connect 2016ですが、今日は朝から晩まで大量のセッションが組まれています。
ただ、昨年と違い、セッション会場のホテルに宿泊しているため、朝は多少?ゆっくりできるのと、夜も早く帰ることができるので

そんな中、今回、私が一番気にしていたのは、「What's New in IBM Notes and IBM Domino」というセッションです。
日本のみなさんも、Notes/Dominoは今後どうなるんだ!?というのが気になるでしょうから、こちらのセッションで得た内容を少しだけお伝えいたします。
まずは、アジェンダをご覧ください。
Notes/DominoとSmartCloud Notes/Verseのロードマップが含まれています。
とりあえずは、一安心ですね。
アジェンダ

2015年の振り返りは、すでにみなさんご存知のことでしょうから、ここでは触れません。

ということで、ロードマップについて触れていきましょう。
  • winmail.datがある場合のカレンダーの相互運用制の改良
  • Notesアドレスの代わりにインターネットアドレスを表示する
  • 既存メールに対してのルールの適用
  • カレンダー/タスクの委任
  • 転送されたMIMEメールを読み取り専用で表示
  • CCM/ファイルをサポートするためのサイドバー用プラグイン
  • テンプレートの更新
  • タッチのサポート
  • 高解像度モニターのサポート
  • Windows 10のサポート
IBM Notes/Domino 2016 RoadMap

(翻訳ミスはごめんなさい)
です。

・・・新しいものって何でしょう?
嬉しいものって何でしょう?(個人的には、高解像度モニターのサポートは嬉しいですが…なぜなら、今この記事を書いているSurface Pro4は2736*1824です。もう、文字が細かすぎて見えません(笑))

というのも、実はこれ、昨年(IBM ConnectED 2015)に発表があったロードマップとほぼ一緒なのです。
新しい機能を開発するリソースはほぼほぼIBM Connections/Verseに割かれているということなのでしょうか?
ロードマップも2016年のことしか言ってませんでした。今までは、翌年以降についても簡単に触れていた(今年はできないけど、来年に予定しているよ等)のですが、それすらなかったのはショックでした(聞き漏れてただけなら良いのですが・・・)


ちなみに、昨年の同様のセッションの内容は、こちらの記事にその内容があるのでご確認ください。
OGSなのかなぁ・・・


新機能というほどのことではありませんが、
Notes DatabaseやDAOSがAESで暗号化されるようにしますよ。というアナウンスはありました(Domino.NEXTという表現だったので、9.0.xなのか、次のメジャーバージョンなのかは不明です)
Domino.NEXTでAESの暗号化を実装


また、今日はIBM Championたちのために昼食会が開かれました。
ここで、素晴らしい発表がありました。
IBM Championのうち、Gabriella DavisさんとTheo Heselmansさんのお二人が殿堂入りされました!
つまりは、一生涯ずっとIBM Championですよ!ということです。
その場にいたIBM Champion全員がスタンディングオベーションという演出にお二人が感激してました。
IBM Lifetime Champion Awardに書かれていますので、読んでみてください。


この後は、OpenNTFのセッションがあったので参加してきました。
日本ではいまいち盛り上がっていないですが、SLACKが開かれていて、それのURLも公開されました。
最初にメンバー登録をしなければいけませんが、それがBluemix上のサイトを利用しているようで、
URLは
https://openntfslackin.mybluemix.net/
です。
すると、招待用のメールが届くので、そこからログインができるようになります。
ぜひ、登録してOpenNTFにも参加してくださいね!
OpenNTFのSlackに参加するためのURL

そして、夜はスペシャルイベントと称して、Universal Orlandoのハリーポッターの会場を貸し切り状態で楽しめました。
と言っても、私は絶叫物はダメなので、お酒を飲みながらゆっくりしようかな。と思っていました(実際、ここ数年は、ゆっくりとしてたんですよ)。
しかし!!
一緒に行った某IBM ChampionのK氏と某IBMのS氏の策略に嵌り、一緒に絶叫物に乗せられるという苦行を味わわされました(それも2回ですよ、2回!)。
死ぬかと思いました。
でも、この先、乗ることはないなと思うと、良い思い出にはなりましたが(笑)
残念ながら、写真は撮ってないですが(スクリューコースターなので、持ち物は持っていけなかった)、ほかの場所できれいだなというところを撮影したのでそれを載せて今日は終わりにします。
Universal Orlandoの景色

明日はクロージングセッションの日ですが、セッション自体は朝からあります。
いくつか聞いておきたいものがありますので、明日はその内容がお届けできれば良いかな?と思っています。


それでは今日はこの辺で・・・

2 件のコメント:

Katoman さんのコメント...

IBM は Notes/Domino に対してやる気ないんですかね?...

Masahiko Miyo さんのコメント...

Katomanさん、コメントありがとうございます。

今年のIBM Connect 2016では、Notes/Dominoだけに焦点を当てたセッションはこのWhat's New…以外には見当たらなかったので、縮小傾向にあるのかもしれないですね。
ただ、2015年に発表したことで、まだできてないものがなくなったということはなさそうだったので、今現在、仕掛のものはやり遂げてくれるでしょう。