当ブログに掲載しているサンプルは、すべて利用者の自己責任という形でお願いします。
ただし、明らかな不具合がある場合、ご連絡いただければ、訂正記事を出します。
また、こちらのサンプルは、別のサイト等への公開、転載は一切禁止しています。
どうしてもと言う場合は、筆者にあらかじめご連絡ください。

テクてく Lotus 技術者 Slack に参加しよう!

2017年2月20日月曜日

今年はサンフランシスコにやってきました!

皆さん、こんにちは。と言っても、私がいる場所は、現在夜の10時をまわったところです。
はい、今年も例のイベントに参加すべく、アメリカ合衆国までやってまいりました。

例のイベントとはもちろん、IBM Connect 2017のことです。

昨年までは20年の間、フロリダ州オーランドで開催されていましたが、今年はカリフォルニア州サンフランシスコで開催されることになっています。
すなわち、私は今、サンフランシスコのホテルの自室でこの記事を執筆しているのです。

IBM Connect 2017自体は2017年2月21日(火)~2017年2月23日(木)に行われます。
※HP上では、2/20 - 2/23となっていますが、2/20はWelcome Receptionだけで、何も行われません。

今現在の日付は、サンフランシスコ時刻で2/19 22:16です。
つまり、まだ明日1日は何も行われない(はずな)のです。
にもかかわらず、なぜ私はここにきているのでしょうか?

遊びに来てる?
いえいえ、とんでもありません。
実は2/20にあるイベントが行われることになっており、他のIBM Championsと一緒に参加するために1日早く渡米したのです。
イベントの内容については、明日のブログ記事で書こうと思っていますので、今しばらくお待ちください。

すでにtwitterやfacebook等で、サンフランシスコの様子をアップしていますが、一緒に来ているのは、
IBM Championの田付さん、吉田さん、小野さんと私の4人です。
明日のイベントには日本IBMから佐藤さんが一緒に参加していただけることになっているため、本日より現地で合流して、親睦を深めています(誰ですか、今更?とか言っている人は?明日はチームの連携力が試されるので、親睦を深めるのは大事なことなんですよ!)
IBM Champions(よく見ると、まとめ役がいない・・・)

さて、そんなIBM Championsですが、毎年現地では誰かが何かを巻き起こしてくれます。
今年はサンフランシスコになって、近くなったので、そんな事件は起きないだろう・・・と楽観視をしていたのが良くなかったようで、初日から色々と起こりました。

簡単に表にまとめてみました。
初日にわかったこと

圧巻だったのは、O氏です。入国審査で、相手が何を言っているのか聞き取れなかったらしく、仕方なしに?IBM Connect 2017の資料を見せて、自分はIBM Championだ!と言ったら、担当者が「Oh! You are Champion! OKOK!」と言って通してくれたとのことです。

未だかつて、そんなことはありませんでした。IBM Championは本当にワールドワイドで活躍できるんだ!というところを見せつけてくれました!
これだけでも、IBM Championを目指そう!という気になったのではないでしょうかw

打って変わって、M氏こと私。
ホテルのチェックインでの躓きに始まり、部屋に入ってみれば、他の人との落差に衝撃を受け、そのあとも各地で色々と残念なことを起こすという・・・
安定した残念力を見せつけていますwww


という感じで、本日はこちらはまだ日曜日のため、sns上でははじけた姿をさらしていましたが、すべては明日からの4日間のためですので、どうかご容赦ください。

今年もできるだけ情報をお届けできればと考えておりますので、過剰な期待はせずにお楽しみください。



ちなみに、サンフランシスコは急な坂道が多い場所です。
どこまでが坂道でしょうか?

こちらは、IBMの皆さまやIBM Championsと一緒に食べた蟹さんです。



それでは今日はこの辺で・・・


0 件のコメント: